EVENT
牧野持侑 in 増上寺 VOL.16

「ピンポイント・ライブ9月編]

[日程]9月22日(木曜日・秋分の日)
[会場]浄土宗大本山増上寺
    光摂殿(こうしょうでん)
    東京都港区芝公園4-7-35
[主催](株)ピンポイント
[協力]浄土宗大本山増上寺
    長谷川岱潤(浄土宗戒法寺)
[制作協力]
    栗田真二
    岡田千加子


9月01.jpg
東京タワーとのバランスが美しい増上寺


9月02.jpg
会場の光摂殿(こうしょうでん)


第一部・覚醒浴〜あわうたと共に〜
[出演]
 牧野持侑(アルケミー・クリスタルボウル)
 中山博(あわうた)

 13:00開場  13:30開演~終演15:00
 前売¥4,500(税込)当日¥5,000(税込)


第二部・睡眠浴〜想い安らかに〜
[出演]
 牧野持侑(アルケミー・クリスタルボウル)

 16:00開場  16:30~終演18:00
 前売¥4,500(税込)当日¥5,000(税込)


 [一部+二=部通し券]
 前売¥8,500(税込)当日券はございません。


参加のお申し込みはショップ頁からお願いいたします。

[チケットの発券、発送は致しません]

☆お振込確認後「受付番号」をご連絡いたします(メールでお申し込みの方にはメールで、電話でお申し込みの方には電話で)。当日受付でこの「受付番号」をお伝え下さい。入場は「受付番号」順です。

☆振込後4日を経てもメールが届かない方は下記こちらからご連絡ください。

※hotmail.com/hotmail.co.jp/yahoo.co.jp/goo.co.jpなどのフリーメールの場合は、サーバ側でメールを受信規制することがあり、受信できないことがあります。設定をご確認ください。


第一部終了後に清水公一氏(新板橋クリニック院長)による「音とクリスタルボウルと健康」に関するお話があります。


9月03.jpg
第一部「覚醒浴」のセッティング完了(7月公演より)


9月04.jpg
この日に使用する牧野さんのクリスタルボウル群(7月公演より)


9月05.jpg
響きも快調です(7月公演より)


「あわの歌」
アカハナマイキヒニミウクフヌムエケヘネメオコホノモ 
トロソヨヲテレセヱツルスユンチリシヰタラサヤワ


「あわの歌」をただ単純に表記しますと上のような羅列になり、何が何やらさっぱりわかりませんが、これを下のような「五七調」に表記しますと、意味のある歌のように見えてくるから不思議です。

あかはなま
いきひにみうく
ふぬむえけ
へねめおこほの
もとろそよ
をてれせゑつる
すゆんちり
しゐたらさやわ


9月06.jpg


「あわうた」は、日本書紀、古事記よりもさらに古い、日本最古の歴史書ともいわれる「ホツマツタヱ」の中に記された、48音からなる5・7調の歌です。
「あ」から始まり「わ」で終わるため、「あわうた」や「あわのうた」と呼ばれています。

「あ」=天地の天、父
「わ」=天地の地、母

この「あ」と「わ」の二つの言葉のあいだに、森羅万象のすべてが含まれ、歌うことによって心身を整えることができると伝えられています。
〜中山博さんのHP「A-WA UTA」より〜


文献によりますと「あかはなま〜へねめおこほの」までを男神であるイザナギノミコトが、「もとろそよ〜しゐたらさやわ」を女神であるイザナミノミコトが歌ったといわれています。


「あわの歌」を歌い続けて20数年、日本のみならずチベット、トルコ、ウズベキスタン、スペイン等の各地を行脚している中山さんと牧野さんが初めて共演したのは今年の6月初旬に関西で行われた公演でした。


いつも思うことではありますが、縁とは本当に不思議なものです。関西公演が行われる直前に牧野さんとお会いして、7月の増上寺公演の演目をご相談した時には中山さんにゲスト出演して頂くとは思いも寄らないことでした。


9月07.jpg


中山さんは日々全国を「あわうた」の指導で動いていますし、特に週末の土曜、日曜は全く空きがない状態です。なのに、なぜか増上寺公演の開催日の7月2日(土)だけは空いていて、関西公演の折に牧野さんが増上寺で「あわうた」を唱和する話をしますと、スケジュールを確認した中山さが「行きましょうか」と言ってくださり、実現の運びとなったのでした。


それはまさに時と場が一致した千載一遇の極みだったのだと思います。関西の共演も相まって、牧野さんと中山さんの呼吸がピタリと合い、中山さんのお声がけで集まってくださった20名ほどの「あわ歌の会」のメンバーの参加が更なる相乗効果となり、ほとんどの参加者は「あわうた」は初体験にもかかわらず、会場には素晴らしい癒しの波動が満ちたのでありました。


先ずは当日の演奏をご試聴ください。

牧野さんと中山さん&当日の参加者による「あわの歌」


「自分に本来備わっている能力に気づき、活用することで、困難は克服できます。その、困難から解放され、心から人生を楽しむ方法が、「あわうた」を聞き、歌うことなのです。」
〜中山博さんのHP「A-WA UTA」より〜


中山さんの指導は、通常一対一の対面で行われます。今回のように数十人単位の方式は稀なのですが、とても良い空気感がこの音源には流れているように感じます。


あわ歌を全く知らない知人(男性)にこの音源を聴いていただいたところ、「すごいヒーリングのパワーを感じる。これが世界中に流れると世の中の変な思いや病気が良くなるような気がします」との感想をいただきました。


9,22_400.jpg
牧野さん(左)と中山さん(右)


牧野さんの適応力の高さには今回も驚かされました。これまでにも真言法響会さん(声明)、ハイン・ブラートさん(マントラ)、近藤郁夫さん(シンセサイザー)等々、共演者との絶妙なコンビネーションを折に触れ見せていただいてきましたが、どんな演者と組んでも当意即妙。通常なら音程の定まらないクリスタルボウルを見事に操り、美しい響きを奏でているのですから。日々努力と精進の賜物でしょう。頭が下がります。


いつもは一対一の対面で「あわうた」を指導する中山さんは、最後にメッセージを歌い上げ、その言葉を紙に書いて渡してくださいます。この日、増上寺に舞い降りたメッセーはこれでした。


ことば20160711.jpg

016.7.2
増上寺

たすくるは
このひびき
みなみな様と
ともどもの
その身の振動限りなく
宇宙とひとつとなりなって
あらたな方へ
まいりましょう



9月12.jpg


さて9月公演です。こぼれ話をいたしますと、開場前に私は中山さんから対面で「あわうた」を伝授していただいたのですが、この時にとても不思議な体験をして、「ああこれはもう一度ここで牧野さんと中山さんに共演をしていただかなくては」と即座に思ってしまったのでした。


中山さんのあわうたは響きの整体浴なのです。


しかしながら開催候補日である9月〜11月の土曜と日曜の中山さんの予定はほとんど埋まっていて、無理かなと諦めかけていたところ「秋分の日」という絶好の日が浮上したのでした。


秋分の日。9月22日(木)休日。


牧野さんの予定も増上寺さんの予定もOKでした。神様が選んでくださったかのような奇跡の日です。

7月公演はショート・バージョンでしたが9月は「たっぷり盛りだくさん」なロング・バージョンのプログラムとなる予定です。

牧野さんが紡いでくださった「あわうた」のご縁、皆様にも良いエニシがもたらされますようにお祈り申し上げております。


〜極上の魔法時間を「睡眠浴」で〜

睡眠浴300 のコピー.jpg
Hybrid Disc『睡眠浴』のカバー写真は23年生きたピンポイントの飼い猫「げんきち」君です


「覚醒浴」で自らの潜在能力を自覚した後は「睡眠浴」でゆっくりじっくりその想いを反芻してみるのはいかがでしょう。120畳の空間に横になり、錬金術師(アルケミスト)牧野さんの綾なす極上のサウンド空間を自分へのご褒美にぜひ! ご参加をお待ち申し上げております。


付録 「あわの歌」を覚えるコツ!
基本になる「行」と「音」を把握すると覚えやすいです。丸暗記が苦手な方はこの方法がよろしいかと思います。

あかはなま
行行行行行

アカハナマ(あ音)
イキヒ二ミ(い音) 
ウクフヌム(う音
)
エケヘネメ(え音) 
オコホノモ(お音)


たらさやわ
行行行行行

トロソヨヲ(お音)
テレセヱ○(え音)
ツルスユン(う音)  
チリシヰ○(い音)
タラサヤワ(あ音)


9月13.jpg

牧野持侑
株式会社くりすたり庵代表。アルケミー・クリスタルボウル奏者。サウンド・アルケミスト。1985年当時住んでいた北カリフォルニアでクリスタルボウルと出会い、「音による癒し」に目覚める。90年代後半帰国後は、クリスタルボウルを使ったコンサートやワークショップ、CD制作などの活動を続けている。2009年熱海市にクリスタルボウルのショールーム、オフィスを開設。
CD「倍音浴」「睡眠浴」「時空浴」「レクイエム」「Asulon / Sonic Crystalizer」、CD/DVD 「雷雨のあとに」、DVD「倍音浴x自然美」など。


L1040180001.jpg

中山博
昭和16年日本橋生まれ。慶応大学卒。松下電器産株式会社入社、約10年間の勤務の後、原因不明の体調不良により退職。その後、10以上の職業・事業を経験。さまざまな出会いの中で、「あわうた」を知り、「自分でこのあわうたを歌わなければ」と思い、​師も参考になる情報もない状況から、独自に歌いはじめる。


text by金子夏枝

株式会社ピンポイント
〒255-0003  大磯町大磯845-25
(電話)0463-26-6671
チケットのご予約はお電話でも承ります。
ご不明なことはお尋ねください。