EVENT
牧野持侑 in 増上寺 VOL.17

「ピンポイント・ライブ3月編]

[日程]2017年3月20日(月曜日・春分の日・休日)
[会場]浄土宗大本山増上寺
    光摂殿(こうしょうでん)
    東京都港区芝公園4-7-35
[主催](株)ピンポイント
[協力]浄土宗大本山増上寺
    長谷川岱潤(浄土宗戒法寺)
[制作協力]
    栗田真二/岡田千加子


3.20.jpg
いつ見ても美しい増上寺の佇まいです。左:光摂殿、右:大殿。


L1040813.jpg
会場の光摂殿(こうしょうでん)入口にはいつもこのような看板が掲げられています。


第一部・覚醒浴
〜新春をあわうたで言祝(ことほ)ぎましょう〜

[出演]
 牧野持侑(アルケミー・クリスタルボウル)
 中山 博(あわうた)

13:00開場  13:30開演~終演15:00
前売¥4,500(税込)当日¥5,000(税込)


第二部・睡眠浴〜2017年新春賛歌〜
[出演]
 牧野持侑(アルケミー・クリスタルボウル)

16:00開場  16:30~終演18:00
前売¥4,500(税込)当日¥5,000(税込)


 [一部+二部=通し券]
前売¥8,500(税込)当日券はございません。


参加のお申し込みはショップ頁からお願いいたします。

*早割料金の申し込みは12/25で終了いたしました。
お申し込みいただいた皆様ありがとうございました。

[チケットの発券、発送は致しません]

☆お振込確認後「受付番号」をご連絡いたします(メールでお申し込みの方にはメールで、電話でお申し込みの方には電話で)。当日受付でこの「受付番号」をお伝え下さい。入場は「受付番号」順です。

☆振込後4日を経てもメールが届かない方は下記こちらからご連絡ください。

※hotmail.com/hotmail.co.jp/yahoo.co.jp/goo.co.jpなどのフリーメールの場合は、サーバ側でメールを受信規制することがあり、受信できないことがあります。設定をご確認ください。


9月の増上寺公演の翌々日、24日に驚くべきニュースが発表されました。


日本鉱物科学学会が「日本の石(国石)」に翡翠を選定しました。


折も折、牧野さんの数年前からの懸案だった「糸魚川原産の翡翠を使った世界初のクリスタルボウル」が完成した時期でした。


その卓越した引き寄せに「さすがは錬金術師」と、facebookでも話題になったことではありました。


9月公演では見本の段階でしたので当日のお披露目は一つだけでしたが、まっすぐに立ち上ってゆく力強い響きに龍の姿をイメージした方が何名かいらっしゃいました。


第一部の「覚醒浴」は、あわうたの中山博さんとの3回目の共演です。


牧野さんが同じ人と3回続けて共演というのは、これまでのピンポイント・ライブ史上なかったことです。


それに関しましては企画している主催者自らが驚いている次第ですが、今の時期に江戸の裏鬼門(家内安全を祈願する方位)である増上寺で、牧野さんと中山さんが響き合わせをすることの重要さを示唆しているのかもしれないと或る意味思ったりもいたします。


日本神話の根源存在であるイザナギとイザナミが詠み交わしたとされる「あわうた」ひと筋20数年の中山さん。


本来はコンピュータのマイクロチップを培養する目的で生み出されたクリスタルボウルにアメリカ西海岸で30数年前に巡り会い、現在のような美しい色、形、響きに進化させてきた先駆者的存在の牧野さん。


お二人の出会いの延長線上に日本の古代史が横たわっていることに天の計らいと必然を感じるのは私だけではないと思いますが、糸魚川原産の翡翠といえば縄文遺跡から出土することでも有名です。


文明を破壊するような大きな争いがなかった縄文時代は、1万年以上続いたと言われています。


大陸から飛来した弥生文明以降は貧富の差ができたことなどが原因で氏族間の争いが各地で起こってくるわけですが、縄文時代を表すキーワードのひとつは「平和」です。


牧野さんが翡翠のボウルに込めた想いもまた「平和」なのではないでしょうか。


地球規模の地震災害や経済不安等々、先行きが不透明な今日ではありますが、平和を祈願し、幸福を言祝ぐ(ことほぐ)2017年初春の増上寺公演。


あわうたの48文字をただただ無心に唱えているうちに本心が開発され心身が整ってくる。


これまでに2万人以上の人々にあわうたを伝授してきた中山さんはそうおっしゃっています。


もう一つ大事なのは「声を合わせる」ことだと思います。


日々一人でコツコツ唱えるは基本ですが、たまには大きな場所でたくさんの人と声を合わせると集合無意識層が開発され、新しい次元への移行もたやすくなります。


あわのうた

あかはなま
いきひにみうく
ふぬむえけ
へねめおこほの
もとろそよ
をてれせゑつる
すゆんちり
しゐたらさやわ



前回、二部の「睡眠欲」では牧野さんが裏声で歌う「あわのうた」をご披露しましたが、素敵でした。インディアン・フルートやクリスタルピラミッド等、クリスタルボウル以外の楽器を多用する牧野ワールドを浴びて「こいつぁ春から縁起がいいわい」な気分にひたりましょう。


L1040880.jpg
9月公演二部の「睡眠欲」風景です。皆さんよくお休みです。


ご来場を心よりお待ち申し上げております。


*ことほぐは「寿(ことほ)ぐ」が一般的ですが、祝いの言葉を述べるという意味から「言祝(ことほ)ぐ」を適用しました。


あわうたに関する詳細をお知りになりたい方は9月公演のイベント頁もあわせてお読みください。


~本来の自分を取り戻す響き~
(株式会社マキノ出版『ゆほびか』編集部・伊藤頌子)

伊藤写真400.jpg
くりすたり庵に展示されている翡翠のボウル


弊誌で丸3年ぶりのクリスタルボウルCD企画を遂行中。
奏者の牧野持侑さんに、糸魚川の翡翠で作られたという、淡くやさしいグリーンのクリスタルボウルを見せていただきました。

翡翠の響きには「本来の自分を取り戻す」「生まれ持った自分の役目に気づく」などの効果があるらしく、すでに、翡翠の音で人生が変わったというかたが何名もいらっしゃるらしいです。不思議!
音色を聴いたら...龍が空へと昇っていくかのような、なんとも伸びやかな音でした。

そんな翡翠の響きもたっぷり含まれた付録CDのマスター音源は、すごかったです。


身体中の余計な力が抜け切って、しつこい蕁麻疹のこともpmsの不快感も歯の詰め物が取れかけてるのも夫婦関係の困難も年末進行の焦りも公教育への不信感も来週の七五三の不安も...些末なことすべてを一瞬忘れた。


余計なものを削ぎ落としたら、自分が今生きている「真の意味」が見えました。

磯田さん、これまでで最強の音源です‼

発売日が待ち遠しいです~
(facebookの投稿より転載。写真撮影も伊藤さんです)


*1月16日発売の雑誌『ゆほびか』の血流特集に牧野さんが登場します。牧野さんの未発表音源を収録したCD付録もどうぞお楽しみに。


9月13.jpg

牧野持侑
株式会社くりすたり庵代表。アルケミー・クリスタルボウル奏者。サウンド・アルケミスト。1985年当時住んでいた北カリフォルニアでクリスタルボウルと出会い、「音による癒し」に目覚める。90年代後半帰国後は、クリスタルボウルを使ったコンサートやワークショップ、CD制作などの活動を続けている。2009年熱海市にクリスタルボウルのショールーム、オフィスを開設。
CD「倍音浴」「睡眠浴」「時空浴」「レクイエム」「Asulon / Sonic Crystalizer」、CD/DVD「雷雨のあとに」、DVD「倍音浴x自然美」など。


L1040180001.jpg

中山博
昭和16年日本橋生まれ。慶応大学卒。松下電器産株式会社入社、約10年間の勤務の後、原因不明の体調不良により退職。その後、10以上の職業・事業を経験。さまざまな出会いの中で、「あわうた」を知り、「自分でこのあわうたを歌わなければ」と思い、​師も参考になる情報もない状況から、独自に歌いはじめる。


前回の公演で中山さんに降りたメッセージはこちらをご覧ください。


9月公演にいらしてくださった皆様の感想文はこちらをお読みください。


text by金子夏枝

株式会社ピンポイント
〒255-0003  大磯町大磯845-25
(電話)0463-26-6671
チケットのご予約はお電話でも承ります。
ご不明なことはお尋ねください。