衣食住医 ↑TOP
文・金子夏枝
1985年春。友人から頂戴した味噌、醤油、塩という調味料セットをきっかけに
食養〜正食〜マクロビオティックが生活の礎に。
以来、20年余。それなりの時間を経て体得したことがあるとすれば、
それは「ひとは食べたとおりの身体になる」という境地なのでありました。
17.01.21(土)
関心。


私はいったい何に関心があるのだろう。


バッグや靴や服なんかにはもう何も欲望はない。


食べ物はどうだろう。


うん、そうそう。


飲食物と身体、精神との関係には関心がある。


さしたる運動もしないのにすっきりと骨と筋肉のバランスがとれた体型になるにはどんな食べ物が良いのか。


もしかすると効果的な飲食物があるかもしれないしね。


そういう意味ではこのところ酵素に興味を感じている。


味噌や醤油なんかも酵素の一種だし、自分の周囲に存在している菌類と自分の肉体とのハーモニーそのものの総称を酵素と名付ければ良いのかもしれない。


最近スピリチュアル系のヒーラーや愛好家の間で普通に話題になりつつある「周波数」にしてもそうだけど、人が発しているエネルギーがいま、微妙に分類かされつつあるように感じている。


再構築な時代を迎えているのかもしれない。


それは分離とか統合とかいう分け方ではなくもっと「あわい」な状況。


自分の発しているエネルギーと周囲の環境がフィットしたときに私たちの生命は飛躍的に喜び真の意味でのマクロビオティックな生命活動を完遂することができるのではないだろうか。


喜びに生き、安らかに逝く。


最高だね。


次のステップへの歩みがもう始まっている。



BACK NUMBER
2016年の衣食住医
17.01.01 (日)リアルな日常を生き抜く。
17.01.02 (月)人が人を応援するって。
17.01.03 (火)酵素っていったい何!?
17.01.04 (水)憐れみ、施し、shareという門(ゲート)。
17.01.05 (木)子供の頃のことを思い出してみたら。
17.01.06 (金)顔のこと身体のこと。
17.01.07 (土)あわうたの威力。
17.01.08 (日)それはまるで運命のように。
17.01.09 (月)物の見方あれこれ。
17.01.10 (火)病気治しのために天真水(あまみ)ウォーターを。
17.01.11 (水)現実とヴィジョンの間(はざま)で。
17.01.12 (木)神様のような人なのだから。
17.01.13 (金)言霊
17.01.14 (土)同じ光景が。
17.01.15 (日)想いを言語化する意味について。
17.01.16 (月)自由領域。
17.01.17 (火)だからきっと大丈夫。
17.01.18 (水)神津島。
17.01.19 (木)私が望んでいるものは。
17.01.20 (金)沈思黙考。
17.01.21 (土)関心。