ピンナップボード
↑TOP
・<
ー14.05.20付オススメ情報ー


[エンタテイメント編]

伊能忠敬という人をご存知ですか?
-久しぶりに100点満点のエンターテイメントを満喫-

立川志の輔の「大河への道〜伊能忠敬物語」
(14.05.05付万歩計日和より)

-前略-

一時間半以上費やして語られた立川志の輔の「大河への道〜伊能忠敬物語」は見事!久しぶりに百点満点なエンタテイメントを堪能した。

小学校の歴史の時間に日本地図を初めて作成した人としか教わっていない伊能忠敬とはどのような人か。

1745年1月に千葉県九十九里の名主の家に生まれた聡明な三治郎少年は酒造家の伊能家に婿入りする。忠敬と改名し事業を大きく盛り上げ、36歳で名主となり、天明の飢饉では蔵を村人たちに解放して一人も餓死者を出させなかったという優れた人格者でもある。

現役を退いて隠居する年齢といえる50歳の時に江戸に出て19歳年下の天文学者高橋至時(よしとき)に弟子入りし、天文学の研究に励む。

新しい正確な暦を作成するためには地球の大きさと日本各地の経度、緯度を測量する必要がある。計測する為には歩幅を一定にしなくてはならない。忠敬は自宅と仕事場を毎日徒歩で歩いて訓練し、一年後に毎回同じ歩数で歩けるようになった。

1800年、55歳の時に忠敬は幕府から何の援助も貰えず自らの財産で三人の弟子と下男二人を従えて蝦夷へ向けて最初の測量の旅に出る。足かけ17年間の間に10回の遠征によってほぼ地球一周分の距離4万キロを4,000万歩かけて歩き日本全国を測量。

測量後大日本沿海輿地全図の作成に励むが、残念ながら1818年4月、忠敬は全図の完成を待たず満73歳で生涯を閉じた。地図がまだ完成していなかったために忠敬の死は隠され、1821年に全図が完成して幕府に収められた時に忠敬の死が告げられた。

43年後、イギリスが日本を測量しようとするが「伊能図」の正確さに測量を止めた。西洋の器具・技術を使わずに、なぜここまで正確な地図が描けるのかと驚かせ、鎖国中の日本の文化レベルを認めさせたと言われている。

志の輔は伊能忠敬没後200年にあたる2018年NHK大河ドラマの主役は伊能忠敬でしょというコンセプトで物語を組み立てる。

志の輔は現在と江戸を巧みな話術でカットバックして笑いと涙で彩った感動的な噺を語る。

これから2018年までの間、この噺を持って立川志の輔は全国で公演を開催する予定なので、お近くで開催された時にはぜひともこの超一流の一人芝居をご堪能頂きたい。

青は藍よりいでて藍より青し。「やりやがったな、志の輔め」苦笑いした家元の顔が頭に浮かんだ。


[豆知識編]

玄米にごま塩などとんでもないと主張するネオマクロビオティックとは!


ほとんどの人が間違っている珈琲に関する驚くべき17個の事実!


ペットボトルで簡単に出来る「蚊取りボトル」に注目。


まるで兄弟のような坊やとワンコ。


捨てネコに絵本を読む子供たちが急増しています。


絶対音感という不自由な能力について。


食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ。


これでもまだアイシャドウにこだわりますか?


[動画編]

素晴らしい表現力で「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」を歌う7歳の少女。


犬のことが大好きでたまらない猫ちゃん。


猫好きにとってはこれは至福の時間です。


5月24日(土)「クリスタルボウルとシータヒーリングの幸せな結婚」リハーサル風景。

 宜しかったらお立ち寄り下さい、最新のブログです。
↓ ↓ ↓ ↓
万歩計日和

  next