預言者
文・あかいししょーこ
混沌とした現実を打ち破るかのように聞こえて来る「こえ」があります。
その「こえ」をお届けします。
16.09.09(金)
はじめまして「あかいししょーこ」です。


それは今年の春、4月中旬のことでした。

あの名前を使う時が来た!
という声がどこからか聞こえててきて、ブログのタイトルが瞬時に浮かんのです。


それが「あかいししょーこ」という筆名と『預言者』というタイトルなのですが「あかいししょーこ」は30年ほど前に授かった名前です。


AKAISHI SYOOKO


母音だけを辿ると
AAIIOOO→あいお→愛をとなります。


こんなところで名前にまつわる仕掛けを披露しても詮無いことではありますが、「あかいししょーこ」は神事に詳しい友人と一緒に画数を重視しつつ考えた名前です。


本当は「赤石昌祜」という漢字の表記が正しいのですが、「昌祜」の「祜」の字が書体によっては印字できないことや、「赤石」が「あかし」なのか「あかいし」なのか判別が面倒なこともあり、今回は発音通りの平仮名表記を採用しました。



日本語って本当にすごいです。


百人一首が大好きで西行法師や松尾芭蕉、「方丈記」などで日本語のリズムはそれなりに理解しているつもりでしたが(古典の成績とは関係なく)、やっぱり日本語は素晴らしいです。


普段何気なく使っている言葉に「想い」や「意志」や「願い」が込められているんですよね、日本語って。


「あかいししょーこ」に使用した「AIO」という母音ですが「あわのうた」でその存在を再認識し始めている「イザナギの命IZANAGINOMIKOTO」と「イザナミの命IZANAMINOMIKOTO」も「AIO」表記の持ち主です。


この2柱の神様の名前の意味、皆様、知ってました〜〜〜?


周波数が実生活へ及ぼす影響〜カタカムナ〜イザナギ、イザナミの理論。


7月から「あわのうた」を唱え始め、時を同じくして音叉療法を受けるようになった私が、このところ意識しているのが「宇宙」と「魂」の関係です。


これはとりもなおさず、我が終生のテーマである「生まれ変わり=輪廻転生」と密接に関わるbig Themeですゆえ、それはまた次回にということで本日はこれにておいとまを。


イザナミ300.jpg
イザナミの命が祀られている熊野の花の窟神社


イザナミ400.jpg
岩なのになぜか悲しみが伝わって来るイザナミの命の霊体


*イザナミの命で思い出すのは2008年2月の熊野詣でです。

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




http://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7281
back
  next