EVENT
42年目の「摩天楼のヒロイン」

1973年9月21日、トリオ・レコード傘下の"ショーボートレーベル"の第一弾として発売された南佳孝のデビュー・アルバム「摩天楼のヒロイン」は、はっぴいえんど解散後に松本隆が手がけた初プロデュース作品でもあります。細野晴臣、鈴木茂、松本隆、林立夫、矢野誠、小原礼他、そうそうたるメンバーが参加し、きらびやかなハリウッド映画からこぼれ出たかのようなオシャレなセンスは、シティ・ミュージックの隠れた傑作として知られています。今回のコンサート」は、ピアニストの竹田元のサポートを得て、南佳孝がデビュー・アルバム「摩天楼のヒロイン」をLPの曲順どおりに弾き語りで再現する画期的なステージです。

【ピンポイント・ライブ★02月編】

[開催日]02月20日(金曜日)
[会場]けやきホール(古賀政男音楽博物館内)
東京都渋谷区上原三丁目6-12 ☎︎03-3460-9051
[主催]株式会社ピンポイント☎︎0463−26−6671
[企画制作・問い合わせ先]
キャピタルヴィレッジ☎︎03−3478−9999
ピンポイント☎︎0463−26−6671

[出演]
南佳孝(歌、ギター)
竹田元(ピアノ、キーボード)

開場18:00  
開演18:30~終演20:30

[参加費]前売¥6,000(税込)* 全席指定
※未就学児童入場不可

参加のお申込みはこちらから。
☆チケット購入☆

[チケットの発券、発送は致しません]
☆お振込確認後「受付番号」をご連絡いたしますので、受付でこの「受付番号」をお伝え下さい。チケットをお渡しいたします。座席は全席指定席です。

☆振込後4日を経てもメールが届かない方はinfo@pinpoint.ne.jpまでご連絡ください。
※hotmail.com/hotmail.co.jp/yahoo.co.jp/goo.co.jpなどのフリーメールの場合は、サーバ側でメールを受信規制することがあり、受信できないことがあります。設定をご確認ください。

minami.jpg
南佳孝
東京都大田区出身。 シンガーソングライター。
1973年に松本隆プロデュースによるアルバム「摩天楼のヒロイン」でデビュー。1979年に発売された「モンロー・ウォーク」を郷ひろみが「セクシー・ユー」のタイトルでカバーして大ヒット。1981年 片岡義男の小説が原作の映画「スローなブギにしてくれ」の主題曲を歌い、印象的な歌いだしでヒットとなり、1991年にホンダのイメージソングとなる。2013年デビュー40周年を迎え、ライブベストアルバム「All My Best」、第2弾「My Back Pages~All My BestⅡ」を発売。オリジナルを創作するかたわら、JAZZ、ボサノバ、ラテンなどジャンルを超え様々なミュージシャンとのセッションも充実させている

コンサートの企画は早朝の大磯散歩から始まった。
嘘みたいな本当の話です。

2014.07.13(日曜日)
〜磯田秀人の「万歩計日和」より〜

城山公園の展望台で30分ほど横になってぼんやりして、さて、帰ろうかなと起き上がりながら、すぐ側でストレッチ体操をしてる人の横顔を見て驚いた。

なんと、南佳孝さん。

茅ヶ崎から大磯に引っ越したことを浪速のシチー・ボーイのテリーから聞いたばかりだったので、そのうちばったり町で会うかしらんとは思っていたけれど。

南佳孝さんは大好きな声を持つシンガー・ソングライターだ。

1973年に松本隆の初プロデュース作品として発表されたデビュー・アルバム『摩天楼のヒロイン』が大好きだった。

「おいらぎゃんぐだぞ」「眠れぬ夜の小夜曲」「ピストル」は当時何度も何度も聞いた。

佳孝さんはぼくの中学の後輩にあたる。

立ち話をしたら、ぼくが久が原5丁目、南さんは6丁目、二歳年下なので、同じ時に中学に在籍していたことが分かった。

2014.08.01(金曜日)
〜磯田秀人の「万歩計日和」より〜

昼過ぎに南佳孝さんとお茶。

音楽の話やら久が原の話やら学校の先生の話やら共通の知り合いの話やら。

小学校、中学校の二年後輩で同じ町に住んでいたということは、子供の頃にほとんど同じような環境で空気を吸っていた事になる。

そんな二人が偶然にも大磯で暮らしているというのが何とも面白い。

しかも、ぼくがレコード会社時代に一番お世話になった先輩、故・堤光生氏がニューヨークの駐在員だった時に、佳孝さんはたった100ドルしか持たずに一人も知り合いのいないニューヨークで堤氏と会い、出世払いでいいからとすべて面倒を見てくれたというのだから、この縁のつながりかたは尋常でないっしょ。


*磯田秀人は大学卒業後入社したCBSソニーで洋楽ディレクターとしてジャニス・ジョプリン、シカゴ、サンタナ、ポール・サイモン等を担当後、南さんがトリオからCBSソニーに移籍した当時は、四人囃子、センチメンタル・シティ・ロマンスのアルバムを制作していた。磯田はその後キティ・レコードに転職するが、後年南さんもキティに移籍するという流れもあり、今回の大磯での出会いも含め、巡り合いはさてどこまで続くのだろう。

matenrou400.jpg
摩天楼のヒロイン/南佳孝

1. おいらぎゃんぐだぞ
2. 弾丸列車
3. 吸血鬼のらぶしいん
4. ここでひとやすみ
5. 眠れぬ夜の小夜曲
6. 勝手にしやがれ
7. 摩天楼のヒロイン
8. 夜霧のハイウェイ
9. 春を売った女
10. ピストル 3:02
11. 午前七時の悲劇

text by金子夏枝

株式会社ピンポイント
〒255-0003  大磯町大磯845-25
(電話)0463-26-6671
チケットのご予約はお電話でも承ります。
ご不明なことはお尋ねください。