EVENT
牧野持侑 in 増上寺 VOL.21

~春の倍音感謝祭〜
☆波紋音・永田砂知子と共に☆


702_400.jpg


[日程]2018年04月15日(日曜日)
[会場]浄土宗大本山増上寺
    光摂殿(こうしょうでん)
    東京都港区芝公園4-7-35
[出演]
    永田砂知子(波紋音)
    牧野持侑(アルケミークリスタルボウル)

[主催](株)ピンポイント
[協力]浄土宗大本山増上寺
    長谷川岱潤(浄土宗戒法寺)


21回目の増上寺公演の第一部は波紋音(はもん)演奏家の永田砂知子さんのソロ演奏+牧野さんとの共演にて開幕!

そして第二部は、牧野持侑さんのソロ演奏をたっぷりと浴びていただく極上のヒーリングタイムとなります。


☆第一部☆永田砂知子・波紋音の響き☆

開場13:00
開演13:30~終演15:00
前売¥3,500(税込)当日¥4,000*倍音感謝祭特別料金
出演:永田砂知子(波紋音)/ゲスト牧野持侑(アルケミークリスタルボウル)


☆第二部☆倍音浴・新しい次元への旅☆

開場15:30
開演16:00~終演17:30
前売¥4,500(税込)当日¥5,000(税込)
出演:牧野持侑(アルケミークリスタルボウル)


通し券(第一部+第二部)
前売¥7,000(税込)*倍音感謝祭特別料金
当日¥8,000(税込)


参加のお申し込みはショップ頁からお願いいたします。

[チケットの発券、発送は致しません]

☆お振込確認後「受付番号」をご連絡いたします(メールでお申し込みの方にはメールで、電話でお申し込みの方には電話で)。当日受付でこの「受付番号」をお伝え下さい。
入場は「受付番号」順です。

☆振込後4日を経てもメールが届かない方はこちらからご連絡ください。

hotmail.com/hotmail.co.jp/yahoo.co.jp/goo.co.jpなどのフリーメールの場合は、サーバ側でメールを受信規制することがあり、受信できないことがあります。設定をご確認ください。


hamon1.jpg
波紋音(はもん)
彫刻家・斉藤鉄平が水琴屈の音に感動し、鉄で創作した完全にオリジナルな作品であり楽器。波紋のようにどこまでも音が広がるように・・というイメージで波紋音(はもん)と名づけられた。


永田砂知子さんからのメッセージ!

クリスタルボウルの牧野さんと初めて共演したのは、2008年實相寺で行われた「覚醒浴」ライブ(ピンポイント企画)でした。並んで演奏していて、お腹にクリスタルボウルの振動がばんばん来てヒーリングのイメージを覆されたことを覚えています。そのご、2009年に北海道・長沼町、2010年に札幌でも共演しましたが、そのたびにクリスタルボウルの大河に波紋音で模様を描くように自由に演奏することができました。牧野さんの演奏は力強いですが、今回久しぶりの共演で、さらにパワーアップした牧野さんとの音の響き合いがどうなるのか、楽しみです。


牧野持侑さんからのメッセージ!!

鉄製のスリットドラム「波紋音」のソリスト永田砂知子さんとの初共演は2008年3月29日、東京大田区の實相寺でした。そして同じ年の7月12日に實相寺で開催されたのが「覚醒浴~倍音コラボレーション ライブ by 倍音オーケストラ」(ピンポイント主催)です。最後にご一緒したのは2010年の札幌なので、実に8年の歳月を経てのクリスタルボウルと波紋音の共演になりますが、増上寺の光摂殿がどんなマジカルな共鳴空間になるのか興味津々です!


IMG_5488.jpg
(2008年7月12日リハーサル風景)


ピンポイントが主催するコンサートに永田さんに出演していただくのはほぼ10年ぶりのことです。

ソロ演奏のあとは久々に牧野さんと共演をしていただく予定ですが、鉄製の楽器である波紋音と水晶で作られているクリスタルボウルの響きはどのようなサウンド空間を作り上げてださるでしょうか。

2008年7月12日(土)、永田さんと牧野さんが共演した伝説のライブ! 倍音オーケストラの当日の模様はこちらをご覧ください。

夏の日の午後、雷雨の過ぎ去ったあと。
かつて聞いたことのない強烈なエスニックサウンドが会場を埋め尽くした!
8人の倍音楽器奏者のコラボレーションによる聞いたことのないトランス・エスニック・ミュージック!(CD&DVDの解説より)


雷雨のあとにジャケ写.jpg

CD&DVD「雷雨のあとに」(撮影:依田恭司郎)
*ディスクの詳細はこちらをご覧ください。DVDの視聴ができます。


30分の休憩のあとの第二部は、ゆったりとくつろいでいるうちにいつの間にやら新たな次元へと導かれてしまうアセンデッドマスター、牧野持侑さんのソロ演奏による「倍音睡眠覚醒浴」です。

90分の演奏終了後には「ここはどこ、私はだれ!?」な、時空を超えた存在とつながったご自分を認識できるとといいですね。


20回目の公演にいらしてくださったミステリー作家の島田荘司さんが当日の感想を綴ってくださいました。こちらをご覧ください。

P1120649 (1).jpg
増上寺の入り口「大門」に掲げられた立看板。


P1120679 (1).jpg
この日も「クリスタルボウルによる天使の声」等、様々な離れ業を披露してくださいました。


P1120721.jpg
20回目の増上寺公演を祝福して花束の贈呈


nagata1.jpg

永田砂知子(パーカッション奏者・即興演奏家)
東京藝術大学打楽器科卒業 パーカッション奏者として、クラシック音楽~前衛のセッションまでボーダレスに活動。1997年に斉藤鉄平の鉄の作品「波紋音(はもん)」と出会い以後、「波紋音」だけで独自の世界を追及、国内外で演奏活動する。

京都・法然院、高知・竹林寺、横浜三溪園・旧燈明寺などの寺社から岡本太郎美術館、アルテピアッツァ美唄、札幌・モエレ沼公園ガラスのピラミッド、豊田市美術館、草月イサムノグチ「天国」などの近代建築まで空間演出を考え演奏をおこなっている。2009パリ2015パリ・ブリュッセルでコンサートを行う。

2011年より俳優・金子あいと波紋音でユニットを組み「語りと波紋音・平家物語」という公演名で全国の劇場、能舞台、寺社などで公演している。

シタール奏者、ヨシダ・ダイキチ氏の発案した装置により波紋音を電気化した、e-hamon が開発され、アンビエントな世界を表現している。

クリスタルボウルの牧野持侑氏とは、2008年 池上・實相寺にてピンポイント主催で開催された、「覚醒浴」以来、東京、北海道(長沼町、札幌)などで共演。

CD「波紋音」「le hamon」電子音響・作曲家chiharu mkとのコラボ作品「blue flow」リリース。「blue flow」がイタリア国営放送 ラジオフランスなどで放送される。

近年1970年に武満徹が大阪万博に招聘した、フランソワ・バシェが大阪万博に残した音響彫刻の修復プロジェクト活動に従事している。



1月05.jpg

牧野持侑
株式会社くりすたり庵代表。アルケミー・クリスタルボウル奏者。サウンド・アルケミスト、脳幹矯正師。1985年当時住んでいた北カリフォルニアでクリスタルボウルと出会い、「音による癒し」に目覚める。90年代後半帰国後は、クリスタルボウルを使ったコンサートやワークショップ、CD制作などの活動を続けている。2009年熱海市にクリスタルボウルのショールーム、オフィスを開設。近年はクリスタルボウルと声の融合による、世界各地の伝統的なマントラや様々な言霊、唄を詠唱するソロ演奏会や、「倍音浴」シリーズをはじめ多数のCD制作、またクリスタルボウル奏者の杉本直之とのユニット「Crystalian」でのコンサートなどを展開している。
CD「倍音浴」「睡眠浴」「時空浴」「レクイエム」「Asulon / Sonic Crystalizer」、CD/DVD「雷雨のあとに」、DVD「倍音浴x自然美」など。




text by金子夏枝

株式会社ピンポイント
〒255-0003
大磯町大磯845-25
(電話)0463-26-6671
(月〜金:10時〜18時)
チケットのご予約はお電話でも承ります。
ご不明なことはお尋ねください。