EVENT
浄活水器天真水(あまみ)に至る。

~by 磯田秀人〜


水道水が臭くて不味いので何十年も前からボトリングされた水を飲んでいたけれど、ボトリングされた水は味が良くて安全だけどエネルギーが感じられない死んだ水だとある時期から考えるようになった。


かと言って塩素消毒のキツイ水道水は臭くて不味いので、とても口にする気にはなれずにいた。


地球温暖化に対する警鐘はひんぱんに鳴らされるけれど、地球が水危機に陥っていることが語られることは少ない。


2015年1月、ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは、「潜在的な影響が最も大きいと懸念されるグローバルリスクは水危機である」と発表した。(グローバルリスク報告書2015年版)


2016年版でも、今後10年で懸念されるグローバルリスクの第一位が水危機である。


この報告書でいう水危機とは、「人間健康や経済活動への有害な影響をもたらす、水の量的あるいは質的な利用可能性の重大な減少」を指す。

「水の未来~グローバルリスクと日本~」沖大幹著(岩波新書) P-2より


飲み水だけであれば一人一日二~三リットルもあれば十分であるが、炊事、入浴、トイレ、洗濯などの生活用水に日本だとその100倍もの水を利用しているし、水供給が十分ではない国や地域でも毎日数十リットルの生活用水を利用している。


また、発電所などでの冷却水も含めると、先進国では生活用水と同等か、その数倍もの水が工業用に使われている。


さらに、われわれが食べる食料の栽培や生育には、雨水を含めて一人一日あたり2,000~3,000リットルもの水が利用されている。

 (同書P-6より)


世界中で水利権戦争が起こっている。良質な水が湧き出る地域が巨大資本により買収されているのだ。


このまま安穏とボトリングされた水を飲み続ければ、世界中から美味しい自然の水が枯渇してしまう。


我が家が食生活の基本にしているマクロビオティック的観点からも、自分が暮らしている場所から遠く離れた水を取り寄せて飲むことに抵抗を感じるようにもなっていた。


そんな時に浄活水器天真水(あまみ)との不思議な出会いがあった。


昨年9月にシャワーヘッドのテラクイーンを使いはじめ、12月に台所に天真水(あまみ)を設置。


テラクイーンを通した水をバスタブに張り、追い焚きした風呂は、湯冷めがしにくい。肌がすべすべになることも実感する。


天真水(あまみ)には水道水と浄水との切り替えコックが付いているけれど、家では食器洗いや野菜洗い等に天真水(あまみ)ウォーターしか使わないのでコックを水道水に切り替えることはない。


飲むだけではなく、鏡、パソコンやテレビのディスプレイ、網戸、床、ガラス戸、家具などを拭くとピカピカになり、洗濯水に混ぜると汚れやニオイが綺麗に落ちる。


酸化還元電位を下げてある天真水(あまみ)ウォーターは、油との融和性が高いために油汚れに強い。


天真水(あまみ)には10種類のセラミックやフィルターが使われている。


それぞれが塩素を取り除く、ミネラルを抽出し調整する、体の細胞を活性化させる、カルキのニオイをとる、セシウムを除去する役割を持っている。


なかでも天真水(あまみ)の最大の特徴は世界最強のテラヘルツエネルギーを持つキミオライトだ。


キミオライトは、体内環境、体外環境の浄化に威力を発揮する。

テラヘルツ.jpg

上段一番左に記されているキミオライトがテラヘルツエネルギー値が最高。
(「量子論で見直したテラヘルツエネルギーの神秘とその応用 第一巻基礎編」新納清憲著(Parade Books刊)より)


天真水(あまみ)ウォーターを飲むようになってから自分の体に起こった大きな変化は5つある。


その1
数年前に前立腺肥大症と診断され、医者からもらった八味地黄丸を二年ほど飲み続けたが、全く効果がなかった。


以来、病院通いを辞め、ノコギリヤシを筆頭に、前立腺肥大に効果があると言われるお茶やサプリメントを試したけれど一向に改善されない。


酷い時には一日20回ほどトイレに駆け込まなければならなかったのだが、特に辛いのが就寝後。


就寝時間は5時間から6時間。その間に何回トイレに起きるのか。


気になったので、昨年6月から夜間のトイレの回数を記録しはじめたところ、徐々に改善されているのがわかった。


毎日1.5リットル程度の天真水(あまみ)ウォーターを飲んでいるだけなのだが、漢方薬やサプリメントにしろ、今までこれほど効果があった薬はない。


第一経済的だよね。


[夜間トイレの回数]
15年6月
15日:0/16日:0/17日:2/18日:4/19日:3/20日:1/21日:3/22日:2/23日:3/24日:2/25日:0/26日:0/27日:2/28日:0/29日:3/30日:1
TT:26回


16年5月
7日:0/8日:1/9日:0/10日:3/11日:2/12日:0/13日:0/14日:0/15日:1/16日:1/17日:0/18日:2/19日:2
/20日:0/21日:2
TT:14回


その2
尿の話が続きます。
前立腺肥大症と関係があるのかないのか尿から漂っていた異臭が天真水(あまみ)ウォーターを飲み始めてから消えた。と同時に、便器にこびり付いていたザラザラした異物がほとんど付かなくなった。


このザラザラした異物とは何か。


20年程前のある日のこと。何の前ぶれもなく下腹部にそれまで経験したことのない激痛が走るとともに30分間隔で尿意を催し、1日中布団の中でのたうちまわった。


最終的には血まみれの尿とともに直径1mmほどの石が飛び出した。恐らく尿路結石だったのだろう。


結石はカルシウムの固まりなので、これが便器にこびり付くザラザラの原因なのではないかと思うが、ザラザラば出なくなってきたということから察するに、天真水(あまみ)ウォーターには結石を溶かす力があるのではとの期待が高まるところだ。。


あの激痛は二度と味わいたくないからね。


その3
ここ数年、加齢臭が目立ってきた。
頭が油っぽくなり、朝起きると枕カバーが臭く、外出から戻って帽子を脱ぐとプーンとニオイが漂う。


長時間一つの部屋にいると部屋全体にニオイがこもる。


天真水(あまみ)ウォーターを飲み、風呂に浸かっても当初三ヶ月ほどはニオイがとれなかったので毎日各部屋に天真水(あまみ)ウォーターを噴霧していたが、最近はほとんどニオイがしなくなったので、スプレイの回数も激減した。


natunekoさんが天真水(あまみ)ウォーターを入れて洗濯していることも功を奏しているのかもしれない。


その4
10年程前から胸のあたりや首筋に脂肪のかたまりのような細かいボツボツが出始めた。恐らく体内の油が皮膚に現れたのだろう。


天真水(あまみ)ウォーターを飲み始めてからそのボツボツが消えはじめた。


前述したように、天真水(あまみ)ウォーターは脂分を分解し、溶かす。


体表面に現れることは体内でも起こっているはずで、ぼくは20年程前に大腸ポリープをとった。


何年かするとまた出ますと医者に驚かされたけれど、このまま天真水(あまみ)ウォーターを飲み続けていれば、ポリープ対策になるのではないかと思っている。


その5
塩や柿渋や重曹や竹炭の粉などを使うことはあるけれど、市販の歯磨き剤は一切使わずに歯を磨いている。


天真水(あまみ)ウォーターで歯を磨くようになってから知覚過敏と歯茎の痛みが止まった。


天真水(あまみ)ウォーターは油脂を溶かし糖分を分解するので糖尿病に悩んでいるヒトにもぜひ試してもらいたい。


恐らく血糖値などに変化が現れるんじゃないだろうか。


◯シャワーヘッド、テラクイーンIIのコスト
金額は全て税込み


本体:¥19,440
フィルター(5個セット):¥10,800
毎日風呂に入り、1年に6回(仮に)フィルター交換するとして。


初年度費用 ¥88/一日
¥19,440+¥12,960=¥32,400
¥32,440÷365日=¥88/一日


二年目からの費用(二ヶ月に一度フィルター交換するとして)。
¥36/一日

10,800÷365=¥36/一日


◯天真水(あまみ)コスト
本体:¥249,480
当初三年間(カートリッジ3年目交換)。 ¥228/一日 

¥249,480÷1,095日=¥228/一日

3年目以降。 ¥49/一日
¥54,000÷1,095日=¥49/一日