衣食住医
文・金子夏枝
19.03.05(火)
☆嗅覚とレモン・ウォーター☆


それはつい4日前、2月28日のの朝のことでした。


服を着替えるときの朝の儀式、フランキンセンス・オイルとシアバタークリームを足に塗るためにフランキンセンスの瓶を引き出しから取り出し、同じ引き出しに入っているレモン・オイルと間違えないよう蓋をとって匂いをかいだら、瓶からは何も匂いがしない。


フランキンセンスにしてもレモンにしても強力な匂いがするのにおかしいなと思い、夫にかいでもらったら、どちらもちゃんと匂いがするとのこと。


鼻が効かなくなったのだ。
夜寝るまでは何ともなかったのに。


風邪薬はのまなかったが、
ここ数日喉がイガイガしてくしゃみ&鼻水といった風邪の諸症状が続いていた。


しかしながら風邪のせいで嗅覚が失われるなんてことがあるのだろうか。


排毒効果があると言われているレモンオイルを数滴たらしたレモンウォーターを飲み、様子を見る。


イランイランの小瓶をポケットに忍ばせ、時おり取り出して嗅覚が戻ったかどうか確認するも匂いはまったくしない。
お茶やコーヒー、食べ物もだめ。


嗅覚が戻ったのはその日の夜、2度めのレモン・ウォーターを飲んだときのことだった。


夫に作ってもらったレモン・ウォーターをひと口飲んだ瞬間、鼻腔にレモンの匂いが飛び込んできたのだ。


時間経過のせいなのかレモン・ウォーターの排毒効果が功を奏したのか、本当の理由はわからないけれど、朝レモン・ウォーターを飲んだあと、ずいぶんたくさんの痰が出た。


痰→肺機能→嗅覚。
何やら関連がありそうだ。


風邪のせいで衰えていた肺機能をレモン・ウォーターが助けたのかもしれない。


エッセンシャル・オイル初心者としては得難い体験をさせていただきました。


3月6日(水)と3月9日(土)
エッセンシャルオイル・イベント

  next