衣食住医
文・金子夏枝
19.05.27(月)
聖浄化プレートの神秘能力に関する考察と実践。


聖浄化プレート.jpg
☆聖浄化プレート☆大きさ5cm四方・重さ42g


聖浄化プレートの制作者である「ひなたの」のマロさんの不思議さに関して語ったとしてもそれはおそらく氷山の一角。


私が知り得ているマロさん情報なんて「若い頃、中国に留学」していてその頃に学んだあれこれ、例えば陰陽五行のこととか中国故事とかをそれこそ遣唐使のようにしっかりと身内に収めて今に至る、といった類推の域を出ないことばかりなのですが。


ここ数年マロさんから提供していただいている浄化グッズ「ピューリフィケータ」改め「聖浄化プレート」があまりにも素晴らしいので、こうやって通信とは別に綴っている次第なのであります。


こういう不思議なツールで大事な要素は「信じる」かどうかにかかっているとは思いますが、そういった半信半疑な思惑をすど〜〜んと超越してしまうような領域にまで「聖浄化プレート」が到達しているか否かは、既に信じる街道まっしぐらな私には判断できないことで、なにはともあれ、私の使用例を説明いたしつつ、以下紐解いていきましょう。


私の主目的は身体の浄化と活性化、それと脳力のエネルギーチャージです。


目が悪い。
心臓が不安。
高血圧。


これらすべての要因がどうも「血流」にあることがこのところ理解できるようになってきたので、リハビリを兼ねて生活習慣を改め始めているさなかのこと。


先日から複数の聖浄化プレートを就寝時と起床時に身体の各所に当てていたのですが、つい最近、思い切ってプレートを5枚使うことをやり始めました。


5枚のプレートはその時その時に不調を感じる場所に置くわけですが、一番重視しているのは「喉」と「胃の上」、そして胸の中央の3ヶ所で、ここには必ず置いていますが、この3ヶ所頭で考えてのことではなく、身体が要求している場所のようなのです。


残り2枚は額の中央だったりおへその下だったり目の上だったり、その都度変わりますが、こうやって調整していると、真っ先に感じるのは漣のように脈打っていた微細な臓器の振動と鼓動が収まってくることです。


およそ20分くらいのあいだ就寝時ならばこのまま眠ってしまいますし、起床時ならばスッキリと起きることが可能になります。


実を言いますと私は昔から不眠症のケがあり、以前は眠くなるまで本を読んでいたのですが、眼が悪くなってからはそれができず、仕方がないのでiPodに入れてもらった宮澤賢治の童話の朗読を聞きながら眠りに入っていたのでした。


でもこれって、イヤホンをしたままですので脳にとても良くないです。


縁あって知り合ったアロマ・アーティストのおふたりから舌下にフランキンセンスを垂らすと不眠症には効果的との情報を得て試してみましたら、これがなかなか良い。


加えてマロさんの聖浄化プレートの複数使用をやり始めてからは本当に快適に眠りに入ることができて、朝も順調に目覚めることができるようになりました。


と、ここまで書いてきて、今日のピンポイント通信の送信時間が!


続きは次回にいたしまして、これから聖浄化プレートを試してみたい方は、以下のお知らせをお読みください。


聖浄化プレートについてはこちらをお読み下さい。


「聖浄化プレート40%オフセール」についてはこちらをお読み下さい。


ウエサク祭の深夜に寝室に出現した大きなムカデの話や麻痺した身体を治す方法などは次回でまたお読みいただきたく、よろしくお願いいたします。

  next