ライフデザインnet
17.03.02(木)
これはびっくり!バオバブ・オイルの効能


去年の夏から時々通うようになった音叉治療のマナ・サウンド・ヒーリングさんで何かの機会にいただいたのがバオバブ・オイルでした。


バオバブの木は知っていましたが、その木からオイルが採れるとは知りませんでした。


オイルはアフリカのマラウィ共和国のものだそうです。


私は昔からクリームとか乳液とかが苦手です。オイルは髪につけても良いとのことですが、整髪料関係も好きではないので、いただいたオイルは試しに1回手に塗ったくらいで棚に置いたままになっていました。


そのオイルが今年に入って大活躍!3度も(正確にはそれ以上も)私を救ってくれたのでした。


[1回目]

お正月が過ぎてしばらくした頃に風邪をひいてしまいました。葛根湯を数回飲んだくらいで医者には行かず、グズグズと寝たり起きたりを繰り返していたのですが、或る朝起きたら足が猛烈に痛むのです。


見ると、左のふくらはぎの静脈がミミズ腫れになっています。


私のふくらはぎには30年以上前から静脈瘤があります。


普段はこんなに腫れることはなく、ただここに静脈瘤という病があることを告げているのみなのですが、ミミズ腫れは足首から膝の上まで盛り上がっていて、それが猛烈に痛むのです。


このまま腫れが引かなかったらどうしよう、病院に行こうかどうしようかと迷うこと2日。


腫れは一向に引きません。


何もしなくてもズキズキと痛むのでこれはもう降参して病院に行くしかないか。


でも嫌だな病院は。何をされるか不安だし、お金だって相当かかるだろうし、と案じているさなかに、なんのタイミングでか突然閃いたことがありました。


バオバブ・オイルを塗ってみたらどうだろう。


バオバブ・オイルの卓越した効能については以前ネットで読んだことがありますので、もしかすると効果があるかもしれない。


そう思ったのは今思えば神のお告げとしか言いようがありませんが、とにかく塗ってみたのでした。


結果はと言いますと、効果覿面。


腫れが引くのにはずいぶん時間がかかりましたが(ひと月以上たってもまだ少し腫れは残っています)あの猛烈な痛みはみるみるうちになくなりました。


驚くやら嬉しいやら感激している私でしたが、この静脈瘤のせいなのか、風邪の後遺症なのかはわかりませんが、さらなる追い打ちが!


[2回目]

頭痛がずっと続いているのです。頭蓋骨の内側にある病巣が訴えてくようなじくじくとした嫌な痛みです。


今まで体験してきたズキ~~ンとする痛みではないのが不気味です。


クモ膜下出血じゃないだろうか、とか、脳梗塞の前兆か、とか、嫌な病名が浮かぶばかりです。


頭蓋骨に果たしてオイルが効くかどうかは不明ですが、藁にもすがる思いで頭に塗ってみたのです、オイルを。


そうしましたらまたもや効果覿面。あの嫌な感じの頭痛が治まったのでした。


もちろん1回や2回で治ったわけではなく、日々数回は塗布しましたが、効き目は確かでした。


頭蓋骨も大丈夫なんです。


でも考えたらあたりまえですね。頭が痛いときに私はよくサロメチールのような湿布薬をこめかみやおでこに塗っていましたもの。


皮膚からの吸収力ってバカになりません。


といいますのも、頭痛のときに心臓のあたりに痛みを感じたことがあり、そのときもオイルを使ってみたのですが、数分経つうちに痛みは治まってしまいました。


この心臓の痛みは、若い頃からの持病である肋間神経痛だったのだと思います。


バオバブ300.jpg
*画像はネットからお借りしました。


[3回目]

1週間ほど前の出来事です。磯田と一緒に散歩をしていたときのことです。


公園の出口で転んでしまったのです。


コンクリートの地面に両手両膝を打ち付け、四つん這い状態で思いっきりコンクリに激突してしまいました。


出入り口を遮断するポールにぶつからなかったことと、頭や顔を打ち付けなかったことが不幸中の幸いでしたが、その場所から家まで約1時間、痛む膝をこらえながらなんとか歩いて帰宅。


怪我の状態を調べますと左の膝には擦り傷が出来ていましたが血は出ていません。


この時点で一番痛むのは右膝でしたが、ぶつけた箇所が少し腫れているだけで、さぞかしひどいだろうと思っていたほどひどくはありません。


意外なことに両手首も怪我はなく、その代わりにそろそろと痛み出したのが左の上腕部でした。


右膝と左腕が体重を支える支点になったようです。


まだ静脈瘤も完治していないというのにとんだ災難ですが、今度もまたバオバブ・オイッルを試すチャンスとばかりに打ち付けた箇所にたっぷりと塗ってみたのでした。


多分この痛みは1週間くらいは引かないだろうと覚悟していたのですが、なんと、左上腕部以外は翌日には痛みが引いてしまったのです。


よく見れば右膝は内出血している状態ですし、どこかにぶつければまだ痛みはありますが、両手首と左膝はなんともないのです。


驚くべきバオバブ効果です。


[おまけ]

バオバブオイルを使い出した初めの頃のことです。


静脈瘤に効果があることがわかった翌日、磯田から口内炎に効く薬がないかと聞かれました。


家にはヨードチンキくらいしか置いてなかったこともあり、バオバブは食用にもなることだから口の中でも大丈夫なのではと思い、オイルを勧めたところ、たった1回で治ってしまったのには本人も私も驚きました。


そして私自身も舌の付け根に異物感があったのを思い出し、オイルを付けてみたらやっぱり1回で完治したのですが、オイルには各種ビタミンや抗酸化物質が多量に含まれているので薬事効果がすごいのでしょう。


手に付いたオイルがもったいないので顔に塗っている間に気がついたのですが、このオイルは浸透力が優れているからか思っていたよりべたつきません。


角質化した皮膚の細胞がボロボロとはがれてきて肌がすべすべになっていくのも嬉しい効果ですが、こういった特性が最近注目を集めてきたアンチエイジングに特化しているのかもしれませんね。


魔法のオイルと呼ばれているのも上記様々な体験を通して実感できました。


お求めになる場合ですが、入手経路によっては高価な割に有効成分が少なかったりしますので注意が必要です。


マナ・サウンド・ヒーリングさんで扱っているオイルはただいま在庫が僅少のため、ネット販売と店売りを中止していますが(商品の入荷は5月の予定です)、20日の増上寺には数本持参してくださるとのこと。


25ml入り、780円です。


他にもマラウィ産のポーチやハイビスカスティをお持ちいただく予定です。お楽しみに。


バオバブ・オイル


バオバブ2.jpg
*バオバブ・オイル25ml入り


*こういった商品の効果は人により異なりますので、取り扱いには十分注意してください。


コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




              
https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7463
  next