万歩計日和
文/写真・mizugame
02.05.16(木)
テレビが一番のともだちだった(8,003歩)

ある日お茶の間にテレビが登場することを体験したぼくたち団塊の世代は、その小さな画面にくぎ付けになった。

1953年2月にNHKが本放送を開始、半年遅れて日本テレビが開局。2年後、今のTBSが開局。そのテレビ創設期に新聞記者からテレビ局に嘱託として派遣され、そのまま局に居残った父親を持ったために、割合早くからぼくの家にはテレビが登場した。

当時、隔週金曜日夜8時になると、テレビを持った家には近所の人が集まってきたんだ。

子どもだけではなく大人まで熱狂させた国民的なヒーロー力道山のプロレス中継を見るためにね。駅前や公園に設置された街頭テレビでは黒山の人だかりが一丸なって力道山を応援した。大の大人がだよ。

街頭テレビは、1953年(昭和28年)にテレビの本放送開始と同時に、日本テレビの社員(業務局事業部員4名)が関東一円を駆け回り、駅や公園、寺の境内などに設置した、と物の本には書かれている。

プロレス中継は1954年(昭和29年)に始まり、その年に行われた力道山の世界選手権試合では、有楽町の日劇前に設置された27インチの街頭テレビの前で1万人近くが熱狂して固唾を呑んで見守っていたという。

スポーツ新聞ではなく一般紙にプロレスの記事が掲載されていた頃の話だ。

27インチというのは、当時としてはバカでかい。普通の家に置かれたテレビはモノクロの14インチ。まるでパソコンのディスプレイだね、これじゃ。

我が家に置かれた14インチの魔法の小箱を通してぼくたちを熱狂させたのは力道山だけじゃない。次々と登場するアメリカのテレビ・ドラマにカルチャー・ショックを受けたんだ。ほうきとハタキがわりの電気掃除機、氷を入れて冷やすのではなく、氷が作れて、子どもの背丈程もある電気冷蔵庫、くだものをかきまわして飲み物にするジューサー。アイロン、洗濯機、トースター。

あれは何だろう、何をする道具なの?、どうやって使うの?次々と登場するまさかの電気製品に囲まれたアメリカのテレビ・ドラマはまるでSFだ。でも、ほんとにぼくたちが驚いたのは道具じゃない。

アメリカの家庭、会社、学校に溢れる自由な雰囲気がいちばんの驚きだった。

「スーパーマン」「ハイウェイ・パトロール」「アニーよ銃をとれ」「アイ・ラブ・ルーシー」「ヒッチコック劇場」「パパは何でも知っている」「ローン・レンジャー」「ビーバーちゃん」「うちのママは世界一」「拳銃無宿」「ローハイド」「ペリー・メイスン」「カメラマン・コバック」「サンセット77」「ドビーの青春」「ライフルマン」「パパ大好き」「アンタッチャブル」「ベン・ケーシー」「ルート66」。きりがないからやめるけど、テレビを持った家のこどもたちは、これをすべて食い入るように見ていた。

歴史物、SF、青春もの、西部劇、ホーム・ドラマ、サスペンス、刑事物。時代も場所も人種も入り乱れたアメリカ文化がブラウン管から怒濤のように飛び出してきたんだ。

どの番組を見ても物珍しいぼくたちにとって、どれが現実のアメリカの姿なのかすら分からないから、すべてがSFだ。

摩天楼に囲まれたマンハッタンの隣にオハイオの田舎町はあるの?
これは同じ国の風景なの?
ハンバーガーってサンドイッチなの?
男の人と女の人が人前でキス出来るのはテレビ・ドラマだから?
今でも賞金稼ぎっているの?アメリカの高校生はセックスのことしか考えてないの?
スーパー・マーケットって何屋さんなの?
ダンス・パーティって何?
アメリカ人はみんな幼馴染みと結婚するの?
なんでジャムとハムを一緒にパンに挟んで食べるの?
先生が生徒の前で足を机にのせていいの?お父さんは子どもの前でもお母さんに愛してるよと言わなければいけないの?
学校に行くのにランドセルはいらないの?
ドラッグストアって何の店?
コーラってどんな飲み物?
お酒を飲んで車を運転しちゃいけないんじゃない?
会社のエライ人に対して、でもね〜ジョージなんて名前で呼んで怒られないの?

たくさんの?マークは次の日の学校で話題になる。

あら!最初に書こうと思っていたことと違う方向に話が膨らんじゃったね。アメリカン・グラフィティの話になると止まらないからな〜。

アメリカが大好き、だった、からね。

ほんとうは、今日、青山円形劇場で見た高平哲郎さん構成・演出の舞台「ダウンタウン・フォーリーズ」がとても楽しかったので、高平さんのことを書こうと思っていたんだけどね。ま、いいっか。

この続きはまた明日、ってことで。

【本日のキーワード】
力道山
1950年代
ダウンタウン・フォーリーズ

本日の見聞録
・舞台「ダウンタウン・フォーリーズ」青山円形劇場

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/3074
  翌日の日記へ▶