万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
縁側でひなたぼっこは気持ちがいい!(大森山王)
03.07.31(木)
わたしのサマータイム(0歩)

いったい、いつになったら梅雨はあけるの?と言っても、別に梅雨があけるといいことがあるってわけでもないけどね。

でも、やっぱり早く夏になってもらいたい。

梅雨はじめじめして嫌いだしね。

丁度、夏に関連する話につながるんだけど、昨日、図書館から古くさいCDを借りてきたのには、理由があるんだ。

ちなみに、その古くさいCDっては、この3枚。

『ケン・バーンズ・ジャズ/20世紀のジャズの宝物』『アール・ハインズ』『シドニー・ベシェ+ジョニー・ホッジス』。

聞いてみたい演奏があるん。

シドニー・ベシェの「サマー・タイム」。

7月13日に吉祥寺のメグで、蒲田のラーメン屋げんき亭のご主人、花村圭さん主催の「私のSUMMER TIME」というレコード・コンサートがあったん。

何しろ花村さんは、「サマータイム」を114枚持っているという強者なので、どんな「サマータイム」がかかるのか興味津々だったわけ。

レコード持ち寄りコンサートなので、ぼくは、アルバート・アイラーの「サマー・タイム」を持って行こうかな?だったんだけど、参加する時間が大幅に遅れてしまったので、レコードは持参しなかった。

っで、その後で、げんき亭にラーメンを食べに行った時、安原顕さんが大好きだった「サマータイム」は、ジャニスとアイラーに加えてシドニー・ベシェの演奏だという話を花村さんから聞いたので、シドニー・ベシェの「サマータイム」を探しているん。

ブルーノートの「ザ・ベスト・オブ・シドニー・ベシェ」に収録されているんだけど、図書館で検索したら見つからなかったので、ケン・バーンズ・コレクションなら入っているのでは、と、あたりをつけて借りてきた。

残念ながら「サマータイム」は収録されてなかったけどね。

中古屋か、ヤフ・オクで探そうかな。

ジャニスとアイラーに匹敵する「サマータイム」ってのは、聞き捨てならないからね。

ってなことで、本日は店仕舞い。
また、明日。

【本日のキーワード】-クリックしてね-
マイ・ネーム・イズ・アルバート・アイラー

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/3515
  翌日の日記へ▶