万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
寺島家の家宝、アヴァンギャルド
05.06.07(火)
快挙!としか言えない。(3804歩)

4時間ほど寝て、朝6時半起床はちと辛いけど、日本初のイベントを見学する魅力には勝てないのよね。

昨夜はクリスタル・ボウルのCDをかけながら眠ったので、目まいも止まって体調は万全。
何しろ、いよいよだからね、いよいよ。

出水電器の島元さんの車に乗せて頂き朝8時に我が家を出発して一路吉祥寺へ。

向かうは吉祥寺のジャズ喫茶メグのオーナーでジャズ評論家の寺島靖国さん宅。

9時に寺島さん宅に到着すると、既に東電工のスタッフ数人が工事の準備を始めている。

玄関先では昨晩九州から戻ってきた寺島さんの眠たげな顔がお出迎え。

いよいよこれから日本のオーディオ史に残る工事を前にして、ひと事ながらわくわくする。

寺島さん宅の玄関先には既に2週間ほど前に建てられた高さ12メートルの電柱がそびえ立っている。

しかもその電柱は寺島さんの希望により工賃に4万円を加算して色が塗られている。

生まれて初めて目にするグリーンの電柱は何とも可愛らしい。

そして今日、その電柱に寺島さんのマイ・トランスが取りつけられ、配線工事が行われる。

自宅の敷地内に電柱を建て、トランスを設置して自分のオーディオ装置の為だけに6600ボ
ルトの電気を200ボルトに下げてオーディオ・ルームに引き込むという、オーディオ・マニア垂涎、日本で初の工事の始まり、始まり。

ちなみに、自分のオーディオ・システムにこれ以上のクオリティの高い電気を得る為には、発電所から自宅までマイ電線を這わせるしかなく、これは幾ら何でもキ○ガ○イ沙汰なので、今のところ究極の手段がマイ電柱とマイ・トランスの設置ということになる。

っで、電源工事が本格的に始まると電気が止められて、寺島さん自慢のオーディオの電源工事前のサウンドを聞く事が出来なくなるので、早速2階のオーディオ・ルームにおじゃまする。

寺島さんがCDプレイヤーのリモコンを押すと、強烈なベースとドラムスの鮮烈な音が、ドイツのオールホーン・スピーカー、アヴァンギャルドから飛び出してきた。

こ、こ、これは・・・

ってなところで、本日は店仕舞い。

この工事の顛末はかなり面白いので連載しちゃうもんね
この続きは、また明日。

【本日のキーワード】-クリックしてね-
アヴァンギャルド・スピーカー
(写真はフル・セットのもので、寺島家のとは異なります)

本日の見聞録
読了「超人ピタゴラスの音楽魔術」斉藤啓一(学研)

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/4190
  翌日の日記へ▶