万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
下に沈殿している赤土で作られる地奨水
06.01.17(火)
好転反応かな(0歩)

まだ風邪っぽさが抜けない。
とは言え、
たまった伝票整理を必死に片づける。

夕方になっても仕事は片づかず
熱っぽさも引かないので、
渋々アートスフィアの綾戸さんのコンサートを諦めた。

実はこの熱っぽさは単に風邪だけとは思えないふしがある。
一週間ほど前から
毎日ぐびぐび飲み始めた地奨水の影響じゃないかしらん?

地奨水というのは、
東アジアに伝わる水作りで、
広口瓶に赤土と松葉を入れて水(浄水)を注ぐ。
一晩そのまま静かに置いておくと赤土と水が分離する。
上澄みの水をすくい、
ペットボトルなどに入れて一日に何度も飲む。
赤土は調和する力、排毒する力が強いと言われているので、
身体のバランスを整えてくれるらしい。
その水を飲み始めてから一週間ほど続いた下痢が
ぴたっとおさまり気持ちいい排便に変わったのが昨日。
微熱はまだ下がらない。

恐らく排毒の一種で身体を調律しているんだろうね。
最初のうちは土臭かった水も日に日に匂いが薄くなり味もまろ
やかになってきた。
我が家ではこの類いのものが大好きなnatunekoさんが
見つけてくる。
何であれ面白そうだから、僕も一緒にやり始める。
効果の高いものもあれば変化を感じさせないものもある。
体調の変化からすると、地奨水は何かあるね。

生まれて初めて漢方薬局で処方してもらい、
毎日土瓶で煎じて飲み始めたら症状が悪化したことがあり、
漢方医に病状が悪化しているようだと相談すると、
掃除をする時でも最初はホコリだらけになり、
それからキレイになるのと同じように、
漢方の飲み始めも症状が一時的に悪化します。
これは、好転反応の一種なんですよ。
漢方を疑る人は、
その段階で怖くなってやめてしまうんです。
もう少し我慢して続けてみて下さい、
と、言われた。
そのまま飲み続けていたら何日かして見事に症状が良くなった
ことがある。
それと同じだね、恐らくこの微熱も。
排毒の一種だろうな。

っで、
このところ急に本やCDやらを整理し始めたのも、
一種の排毒だと思うのね。

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。

【本日のキーワード】-クリックしてね-
排毒
地奨水

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/4431
  翌日の日記へ▶