万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
楽屋で口琴を磨く岡山師匠。師匠の服も「うさと」です
06.02.12(日)
今日もホーメイ(8143歩)

今日は代官山ボールルームで、CUMUNetとBeGood cafeとの共催イベント「代替医療入門パート2ホメオパシーを知っていますか?」。

ぼくは直接このイベントには関係ないんだけれど、去年「代替医療入門パート1」で、ぼくが推薦した牧野持侑さんのクリスタルボウルの演奏が好評だったので、今年も誰か推薦してちょうだいということになっわけ。

っで、今回はぼくのホーメイのお師匠さん岡山守治君のホーメイと口琴の演奏を披露してもらうことにしたので、お昼から現場入りした岡山君のマイク・チェックの段階からぼくもお付き合いさせていただいた。

BeGood cafeは月に一回代官山ボールルームで開催される地球と暮らしを考えるイベント。

このたぐいのイベントとしてはとてもおしゃれな雰囲気がするのがうれしい。

何事にもストイックは禁物だからね。

何しろ非営利団体BeGood cafe代表のシキタ純さんとは、二十年以上前からの知り合い。

最初にお会いした時は、TORAマガジンの編集長だったかショコラータのマネージャーだったか。その後ビッグ・バンド"ザ・スリル"の指揮者として登場したのにはビックリしたけどね。

彼が99年にBeGood cafeを始めた時には、長続きするのかな〜と横目で睨んでいたんだけど、偉い!!、今日が第86回目を迎えたんだからね。

今回のメイン・テーマはホメオパシー。

ホメオパシーを訳すと同種療法。

クリスタルボウルなどを使った音響療法と同じように、これからもっともっと脚光を浴びる医療のひとつ。

欧米ではすでにおよそ半数の医師たちが治療に取り入れているとか。

原理は簡単。

病気を起こす原因となる物質を何千倍にも希釈したものを病人に与えて治療する。

毒をもって毒を制すって感じかな?

詳細は本日のコメンテイター、伴梨香さんの「ホメオパシー〜海、森、大地の見えざる医師たち」をお読みあれ。

彼女のトークがとても分かり易かったのでぼくも買ったんだけど、まだ読んではいない。

っで、プログラムの最後が岡山守治君の弾き語りライブ。

今までにも岡山師匠のライブは、口琴オーケストラ、ヤツマターズ、Alaya Vijana(アラヤヴィジャナ)などを見てはいたが、本日は一番地味な弾き語り。と、思っていたのが大間違い。

ホーメイや口琴で絶妙なテクニックをご披露し、最後にディレイ・マシーンを使ってラマ僧のような低音倍音声明を幾重にも重ねたサウンドは圧巻!!

会場内が倍音で埋め尽くされるような気持ちの良さ。

終演後、あの低音倍音声明はそ〜と〜に気持ちいいだろうね本人もと尋ねると、いや〜、トランスしちゃいますよ気持ち良くってだと。

昨日の山川君に続いて今日の岡山師匠の強烈な演奏は、東アジアに生まれ育った土着倍音咽声唱法ホーメイが、今の時代の息吹を吹き込まれて素晴らしく新鮮なサウンドに成長していることを感じさせてくれた。

堪らないね〜倍音の旅は。

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。

【本日のキーワード】-クリックしてね-
「代替医療入門パート2」

本日の収穫
本「ホメオパシー入門〜海・森・大地の見えざる医師たち〜」伴梨香著(新潮社)

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/4457
  翌日の日記へ▶