万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
テラスで咲くクリスマスローズ
07.02.09(金)
ZILLA知ってる?(5439歩)

最初がウイレム・ブロイカー・コレクティフ、その次がスガチン(菅野邦彦)のライブを聞きに行ったっけ、六本木のスーパーデラックスには。

mixiネームhumany earthy君からのお知らせメールを頂いて、本日3回目のスーパーデラックス

演者はZILLA、山川冬樹、らぞく。
山川君以外は全然知らない面子だけれど、humany earthy君の、ZILLAまじいいっすよ〜的メールにのせられた。

せっかくだから、2/24(土)池上實相寺さんのお寺で倍音浴のチラシの配付をお願いしたら快くOK。
humany earthy君サンキューね。
そのうち、もんじゃに行きましょう。

トップバッターのらぞくはちょっとね〜、ぼくの趣味ではなかった。
インプロビゼーションに新しさを感じなかったんだ。

2番手はAlaya Vijana(アラヤヴィジャナ)のボーカリストで倍音業界きってのイケメン山川冬樹君。

心臓の鼓動をコントロール(信じられない)してリズムを刻み、ジミ・ヘンばりにギターを振り回してフィードバックをかけ、声はエレクトリック・ホーメイ。

ホーメイの倍音とギターのフィードバック音が混ざり、声なんだかギターなのか、もう、何がなんだか分らない状態の個性的なノイズ・ミュージックを奏でる全身音楽家。

らぞくやZILLA目当てで踊りに来た連中には、何なのあの人、日本人?で口あんぐり派と、凄い人がいるな〜と驚いて身を乗り出す人もいる。

こ〜いう人選は巧い。
いつもお目当てばかり追っかけていては世界は広がらない。
世の中には自分の知らない才能がいっぱいいるんだから、色々味わってみなくちゃね。

スタンディングで400人近く集まった会場は煙草の煙と人いきれの極悪環境なので、たまらなくなったnatunekoさんは山川君を見て退場。

っで、ZILLA登場。
演奏が始まるや否や、あれ〜〜、何なのこのサウンド。
椅子の上に立ちあがり、心地よいダンス・リズムにのって身体をゆすっている若者たちの頭越しにステージを見ると、ドラムス&パーカッションとベース&打ち込みの人と、3人目がなんとハンマーダルシマーを演奏していた。

エレクトリック・ダルシマー初体験。
ダンス・ビートにのせた即興演奏サウンドは、どこかエレクトリック・ハープのアンドレアス・フォーレンバイダーを思い出させ、極悪環境の中で我慢して待っていた甲斐があった。
色んな人がいるね〜。

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。

本日の見聞録
・[ライブ]Free as a bird meeting vol.3/HumanyEarthy
      presents:ZILLA (from US)、山川冬樹、らぞく
      (六本木スーパーデラックス)

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/4822
  翌日の日記へ▶