万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
げんちゃん、一緒に大磯に行こうね!
07.03.27(火)
黒森庵(5505歩)

昼過ぎに家を出て渋谷で銀行に寄り、
永福町の黒森庵へ。
どんな店なのかな〜。

永福町駅から数分歩いた住宅地のど真ん中に、
ロード・レーサーが店の前に置かれているのが黒森庵。
お気に入りのロード・レーサーの車体がクローム・モリブデ
ンなので黒森庵にしました、
とは、オーナーの加藤晴之さんの弁。
8年ぶり?くらいかな、加藤さんとお会いするのは。

ぼくが加藤さんの「蕎麦打ち」(ちくま文庫)を読んだのは
大分昔のこと。
あえて店舗を持たずに出張蕎麦屋で話題になった加藤さんの
自伝を読み、
この人の蕎麦を食べたい!と思った時には、
納得がいく蕎麦粉が手に入らなくなったという理由で
加藤さんは蕎麦屋を廃業していた。

それから何年かたち、
ダンボールでスピーカーを作っている加藤さんと知り会い、
何度も加藤宅にお邪魔して、
設計中の様々なダンボール・スピーカーを聞かせていただいた。
ユニークな形をしたスピーカーたちは、
それぞれ素敵な音を響かせていた。
何年かして加藤さんのスピーカーは「通販生活」で大ヒットした。

自分が納得するまでやり遂げると新たな目標に向かう加藤さ
んが次に凝ったのがロード・レーサー。
車にはね飛ばされて大怪我をしても全然懲りない加藤さん。
今でも八ケ岳まで6時間程かけて走ってます、だって。

その加藤さんが久しぶりに蕎麦を打ち始めた。
お品書きにはもりそばとおつまみの小皿料理が10品ほどと
日本酒が数種。
もりそばしかないという割り切りが加藤さんぽい。
さすが名店翁で修業しただけあってお蕎麦が美味い!
透明なそば湯とは別に出されたポタージュ・スープのように
とろりとしたそば湯も美味!
「蕎麦打ち」を読んでから何十年かがたち、
よ〜やく今日、加藤さんの打つお蕎麦が食べられて感無量。

客席14席、サラウンド・システムと大スクリーンのある素
敵な蕎麦屋“黒森庵”。
昨年12月に開店したばかりなので、
AVシステムの調整にはまだちょっと時間がかかりそう。
加藤さんの音を聞きたい人は、
三鷹のジブリ博物館内の映画館に出向いて下さい。
システムを設計した加藤さん曰く、
あそこはいい音してるよ〜、水の音がちゃんと聞こえるからね。

今回の我が家の引越で、
加藤さんがデザインした大ヒット作
ソニー・トリニトロン・カラー・プロフィール・プロは持っ
ていけるかな〜?

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。

コメント (0)  トラックバック (1)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/4859


from 晴れのち自転車時々猫
家のすぐ近くに非常に気になる蕎麦屋があることを発見。名前は「黒森庵」だそうで店主が黒森さんなのかと思ったらさにあらず、クロームモリブデン、すなわちクロモリ... [詳しくはこちら]

  翌日の日記へ▶