万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
やっぱり知らない人だ(昨日の続き)。
08.02.14(木)
森の響き(11355歩)

昼前に新宿でTさんと久しぶりにお茶。

最近の文学、音楽、演劇、業界裏話を聞かせていただく。

ここだけの話ですけどとTさんの秘密めかした話し方がいい。

Tさんと別れて池袋へ。

某CDショップの専務に倍音浴シリーズのプロモーション。

その後店に寄り店長にもよろしくお願いしますのご挨拶。

遅めの昼食コーロー飯定食を食べ、Pinpoint Live 2008のチラシを届けに秋葉原のエンゼルポケットに向った。

エンポケの広瀬店長にチラシを渡すと、「牧野さんにオーダーしたシャンティ・チャイムと一緒にこのチラシも送られてきました」とのこと。

事務所の机の上に何やら怪しげなボトルがたくさん目に付く。

なんですか?この「和の秘湯」って?

「え〜とですね、入浴剤にするのが一番いいんです」

ボトルの能書きを書き写すと、"葉緑素、フィトンチット、ヒノキオール、栄養素、リラッ
クス性のある香りを閉じ込め,梅と岩塩の濃縮液を配合しました。超微細エネルギー加工した「和の極」と、リラックス効果があるヒノキ等の木や葉を、拘った天然水のみで熟成させ、ろ過精製しました。一般的な強い香りが広がる製品とは違い、それぞれの天然成分を全身で浴びて下さい"というエンポケ・オリジナル商品。

こ〜いうのがこの店の面白さだ。

何でオーディオ・ショップで「和の秘湯」なのよ。

これで驚いてはいけない。

店内には数多くの波動調整オーディオ・グッズに混じって歯周病予防のサプリメントや、我が家でも一時愛飲していたルイボスティーや、マイナスイオンパワー・グッズや、ピロリ菌退治薬やダイエット・サプリメントや各種自然塩やらが所狭しと置かれている。

一見めちゃくちゃな品揃えに見えるけれど、平凡な縦割りジャンル無用のこの店にはオーディオも暮しもピュアがいいという哲学がきっちり貫かれている。

っが、本日のメインエベントは他にあった。

「ふふふ、実はようやくスピーカーが完成して、これから販売するんです」とうれしそうな広瀬店長。

 

「こ〜いう鳴り方するスピーカーって中々ないですよね〜、ふふふ」という広瀬店長の物腰柔らかな口調の裏には、かなり自信のほどが伺える。

自信作を聞かせていただいた。

これはいい。

タイムドメインyoshiii9と同じように小口径(6センチ?)のFostexのユニットが檜をくりぬいた筒(これが凄い)に上向きにつけられている。

スピーカー台のように見えるサブ・ウーファーが左右2本。

「森の響きシリーズ」(だったと思う)というブランドで発売するとのこと。

まるで森林浴のような清々しい音をねらったらしく色づけしないピュアな音。

とっても自然な響きが目の前にふわ〜と広がり、それを支えるかっちりした低音と音場豊かなサウンドがなんとも心地良い。

ペア(サブ・ウーファー2本付)で25万円は高くないな。

音もコストパフォーマンスも良いスグレモノと見た。

帰りがけに、これ使ってみて下さいと「和の秘湯」をお土産に頂き、エンポケを出て石丸電気でCDをチェックして帰宅。

今日はいい気分で都内を回れたな〜。

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。


本日の収穫
・本「食べる屁理屈」村松友視著(学研M文庫)
        以上Amazonマーケットプレイス
・本「空からの民族学」宮本常一著(岩波現代文庫)
・Hybrid Disc『The Veil Of The Temple/JOHN TAVENER』
       (RCA)

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/5099
  翌日の日記へ▶