万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
ぞくぞくするコラボレーションを聞かせてくれた8人の演奏家。
08.07.11(金)
睡眠浴新しい試みそして覚醒浴へ。(14681歩)

今日は池上・實相寺さんで昼、夜2回の睡眠浴。

続けて明日は3月から始めた覚醒浴〜倍音コラボレーション〜の最終日。

まずは11日。

2月から半年間毎月定期的に続けてきた睡眠浴最終日。

昼、夜ともに30人近いお客さんで、實相寺さんの二間ぶちぬいた大広間にちょうどゆったり横になれる最適な人数。

前回の睡眠浴の時に手に入れたダライ・ラマのマントラをバックに牧野さんが演奏する試みを前半でとり入れた。

BauXarスピーカーの栗田さんに持ち込んでいただいたJupity301にiPodをつないでマントラを再生。

マントラのキーにあわせたボールを選んでの演奏は、牧野さんにとっては制約が多くやりにくかったでしょうが、予想通りマントラとクリスタルボウルの響きが溶け合う瞬間の心地よさは素晴らしい。

Jupity301が小さな身体の割に低音も出るし、360度音が広がるので、倍音浴に向いているスピーカーだということを再認識。

08.07.12(土)圧倒的な覚醒浴!(12971歩)

3月は波紋音の永田砂知子さん、4月はヨシダダイキチさん&シタールター、5月がBUNさんとゲストにサンディーさん。

毎月続けてきた覚醒浴の全員集合コラボレーションFinal。

からっと晴れ上がった朝11時から音合わせやら録音・撮影ポジションのチェックやらで大忙しのうちに開場した。


お客さんが100人を超え、出演者、撮影・録音スタッフ、出店するMame de Cafeさんのスタッフ、ピンポイントの助っ人スタッフなどなど、130人ほどで實相寺さんは超満員。

午後3時過ぎに演奏開始。

演奏が始まったと同時に強烈な雨が降り始め雷が光る。

生音で演奏する永田さんの波紋音とクリスタルボウルの牧野さんとのイントロの演奏が終わり、アンプを通したカリンバを演奏するBUNさんが演奏を始めようとした瞬間に会場がほわっと薄暗くなった。

停電だ!

薄暗い会場の中で美しい演奏は続き、二、三分後に停電から解放され、BUNさんやシタールターの演奏が加わり熱を帯びていった。

素晴らしい自然の演出に彩られた第一部40分ほどのコラボレーションは驚くほど完成度が高かった。

そして雨がやみ明るくなって行われた二部でのシタールターのリズミカルな演奏が際立ち、
単に四組の演奏者が集まってコラボレーションしましたというレベルを遥かに超え、
音や音楽が見事にうねり始め、長年一緒に演奏しているグループのような緊張と緩和のバランスがとれた演奏と音の形が微妙に変容していく様はまるでエッシャーのメタモルフォーゼのよう。

これほど気持ちのいい音世界に身を委ねたのはほんとに久しぶり。

3年前牧野さんのクリスタルボウルと他の倍音楽器とのコラボレーションを企画し、何人もの演奏家とリハーサル・セッションを続けたあげく選んだ今日のメンバーたちが創り上げたサウンドは、誰もが聞いたことのないとんでもない宇宙的エスニック・ミュージックだった。

ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。

本日の見聞録
・[ライブ]覚醒浴〜倍音コラボレーション〜
      (池上・實相寺)

コメント (2)  トラックバック (0)

コメント123
     
のんちゃん さん 2008年7月15日 22:16

覚醒浴 思い切って出かけてほんとに良かったです。
以前に京都で聴いたクリスタルボウルに
今回はいろんな楽器とのコラボときけば
一体どんな音がそこに生まれるんだろうと
興味津々でした。
響きのよい大広間ではじまった覚醒浴
突然の雷と激しい雨の音。そして停電。
2ndでは いつのまにか雨も上がって
窓から幾重にも差し込んでくる光
自然が素晴らしい不思議な演出をしてくれたみたいですね
私は1stの方が こころに、体にピタッときました。
またの素敵な企画を楽しみにしています。

のんちゃんさんへ。

遠い所からお越しいただき、ほんとに感謝です。
あの日、あの空間で、あの時間に起こった
奇跡的な神様の演出と演奏者たちが創り上げた
音宇宙の気持ち良さは格別でしたね。
あ〜いうことが起こるから、生もの、ライブ通いは
やめられませんよね。
これからも楽しんでいただける企画を考えますので、
よろしくお願い致します。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/5206
  翌日の日記へ▶