万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
シンちゃん。
14.09.24(水)
督さんありがとね。(20,255歩)

今日も早朝散歩で色んなワンちゃんやノラちゃんと遭遇。

表紙のワンちゃんは目が合うなりすたすたすたと寄ってきてベロベロ顔を舐めてくれたシンちゃん10歳・雄。

その後出会ったほとんどのノラちゃんたちも逃げずにじっとカメラを見つめてくれたし、ダチのクロちゃんは目の前に坐って初めてじっくりアップを撮らせてくれた。

帰りがけに出会うなり擦り寄って来たあ〜やちゃん14歳・雌に至っては、飼い主さんが「この子は人嫌いなんですが、珍しいこともありますね〜」と言われてしまった。

140924_nb.jpg

く〜〜、朝からゴキゲンだ。

午後は上北沢駅前で大坊勝次さんと待ち合わせて賀川豊彦記念館松沢資料館礼拝堂へ。

本日の下調べと打ち合わせで企画の輪郭がはっきりと見えてきた。

大坊さんと分かれて15分後に小澤忠恭カメラマンと同じく松沢資料館に下見&打ち合わせ。

小澤さんと言葉のキャッチ・ボールをしているうちに小澤さんの中でプランが明確に浮き彫りにされ、こちらもめでたしめでたし。

お二方とも礼拝堂の雰囲気を気に入ってくれたことが嬉しい。

matuzawa_reihaidou.jpg


賀川豊彦の奥様は現在放送中のNHK連続テレビ小説「花子とアン」のモデルとなった村岡花子さんの従姉妹にあたる。

この資料館を教えてくれたのは30年前久我山に住んでいた頃に久我山邪宗門のダーツ仲間だった賀川督明、通称督さんで、督さんは賀川豊彦の孫にあたる。

その督さんと一年ほど前にバッタリFacebookで再会。

最後に督さんと会ったのは綾戸智恵さんの銀座SOMIDOでのライブの時だから約20年ぶり。

ガンだということは彼のFacebookページの写真ですぐ分かった。

今年1月に督さんに雰囲気のある教会知らない?とメールで相談した時、「30年前に中庭でぼくたちの結婚披露パーティをやった松沢資料館の旧礼拝堂もいいですよ」と教えて貰った。

早速礼拝堂に伺い、気持のいい雰囲気に包まれて、或る企画を思いついたと同時に、30年前、松沢資料館の半地下が督さんの仕事場で、何度か遊びに来たことも思い出した。

しかも、その松沢資料館を設計したのが久が原の我が家を設計してくれた阿部勤さんという不思議なご縁つながり。

1月に礼拝堂に伺ってから迂余曲折があり半年以上かかってしまったけれど、よ〜やくプランを実行する段階になったので、督さんも時間があったら来てちょうだいねとメールをしようと思っていた矢先、昨日、この礼拝堂で督さんのお別れ会があったという。

小澤さんと分かれ、かの有名な松沢病院を横目にチラ見しながら隣駅の八幡山まで歩いてパン工房アンテンドゥで買い物。

それにしても、このところパンづいているな〜。

ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


本日のキーワード
・賀川豊彦松沢資料館

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/6866
  翌日の日記へ▶