万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
本日のネコちゃん。
16.09.13(火)
数字で見る身体の変化。(10,992歩) 
IMG_0198.jpg

起床05:15 体温36.5℃ 体重52.2Kg。

起き抜けに頭に浮かんだ。

人間の身体の60〜70%は水。

食べたモノが身体をつくると言われているのだから、飲水によって人の身体の構成要素が違ってくると考えても不思議ではない。

ということは、患者の身体の水分の良否が振動療法の治療効果に関わるということがあってもおかしくはない。

早速今朝西麻布で打ち合わせをしたV社で水にお詳しい M.K氏にこのことを尋ねると・・・。

どんな水を毎日飲んでいるかによってその人の身体のエネルギーの伝達速度や伝達内容は違ってきますから、治療効果について影響が出るのは不思議ではありません。

という答えに、やっぱりねと一人で納得。

数年前に前立腺肥大と診断され、八味地黄丸を二年ほど続けて飲まされものの一向に夜中の頻尿が減ることがなかったのでぼくは病院通いをやめた。

以来前立腺肥大に効くハーブ、お茶、食品、ノコギリヤシなど色々試して何も起こらなかった変化が天真水とともにやって来た。

昨年末に浄・活水器天真水を台所に取り付けて以来、お茶を控え、天真水ウォーターを一日1リットル〜1,5リットル飲み始めた。

他にも、調理は言うに及ばず、掃除、歯磨き、加齢臭の除去、環境浄化、洗濯、トイレの消臭など天真水ウォーターは大活躍。

飲料水がどれだけ身体に影響するかという観察記録を!

2015年12月11日、浄・活水器天真水を台所に取付る。
風呂は二ヶ月程まえからテラクイーン(シャワーヘッド)を通した水を沸かしている。

下記のデータ(週間スケジュール(PDF))の見方。

・紫色の部分が就寝時間。

・紫色にかぶる白いのがトイレの回数。

・日付のすぐ下の緑の部分に書いてある12/6という数字は、左が24時間に入ったトイレの回数、同じく大便の回数。


2015年12月7日〜13日。(12月11日は天真水設置日)
データ_1.pdf


翌週です。
データ_2.pdf


2016年2月1日〜7日。(設置後二ヶ月、トイレの回数はむしろ増えたような)
データ_3.pdf


2016年3月14日〜20日。(天真水設置後100日経過。この頃から回数が激減しました)
データ_4.pdf


2016年3月21日〜27日。
データ_5.pdf

以来、ずっとこんな感じ
2016年9月5日〜11日。
データ_6.pdf

まだ完治してはいないけれど、半年前にくらべると夜間頻尿が激減したお陰で睡眠不足に悩まさることがなくなった。

天真水ウォーターを飲み始めて今日で278日。

これから先身体にどんな影響が現れるのだろう。

毎月一回往復2時間半かけて、電車賃 2,000円、3分の診察(無駄話)と・薬代合わせて4,000円程度)で何も変化しなかった2年間って何だったんだろう。

ってなとこころで、本日は店仕舞い。
また、明日。
本日のキーワード
・天真水


本日のワンちゃん

16.09.13_MB.jpg

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7288
  翌日の日記へ▶