万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
本日のネコちゃん。
17.04.05(水)
神はいないもしくは森羅万象すべてのものに神は宿る。(1,910歩)

起床05:40 体温37.1℃ 体重52.4Kg。

仏教哲学者の佐々木閑と宇宙物理学者の大栗博司との対話「真理の探求〜仏教と宇宙物理学の対話〜」が興奮するな〜。


【地球の歴史】

4,000,000,000年前 地球に単細胞生物が発生。

1,500,000,000年前 多細胞生物が発生。

 500,000,000年前 動物が発生。

   250,000年前 人類の歴史が始まった。
           すべてのものに神が宿ると考えた。

    6,000年前 宗教(ユダヤ教)発生。
          一神教の時代が始まる。

    2,500年前 釈迦の登場。神はいない。
          すべては因果と縁によりつながる。

     300年前 科学、法則の時代。

釈迦のとなえた宗教と、最先端の科学は、"世の中に起こることのすべてには因果関係、法則がある"と考える。

この考え方はすんなり頭に入るけれどある特定の神様という神秘的な存在にすがる気持ちは今ひとつ腑に落ちない。

むしろ、神は特別な存在ではなく、すべての生物や物体に神が宿っているというアイヌ民族の考え方に共感する。

あんまり面白いので佐々木閑の「出家的人生のすすめ」や「ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか」なども図書館から借りてきてしまった。

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。

本日のキーワード
・佐々木閑の本

  


今頃アメリカでシャーマンと出会えたかな〜

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7495
  翌日の日記へ▶