万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
本日のネコちゃん。
17.05.10(水)
我孫子武丸さんと綾辻行人さんと竹本健治さんとミステリと。(7,195歩) 



起床04:40 体温36.6℃ 体重未計測。

発売日を待ちきれなかった最初の雑誌は『話の特集』。

60年代半ば頃のこと。

その後、『遊』、『本の雑誌』(創刊当時)、『紙のプロレス』(世謝出版)、『バンザイマガジン』(黒田信一編集長時代の映画雑誌)、『写真時代』、『頓知』など羽目をはずした刺激的サブカル雑誌が好きだった。

最近、毎号興味をソソられるのは『スペクテイター』だけ。

バックナンバーの特集タイトルを見ただけでゾクゾクする。

年に三冊くらいしか発売されない雑誌なので忘れたころに書店で新しい号の表紙を見かけるとドキッとする。

人間の性格はおおざっぱに書籍型と雑誌型の2つに分けられる。と思う。

永年じっくり一つのことにこだわって深く追い求めるタイプと常に目移りして新しいものを追い求めるタイプ。

ぼくは明らかに落ち着きのない雑誌型性格。

書店の書籍売場より雑誌売場を歩き回るのが好きなので、渋谷東急本店7階丸善&ジュンク堂の雑誌売場のように見たこともないミニ・マガジンがずらっと並んでいる書棚から目が離せない。

最近買った唯一の雑誌はPen(2017年5月15日号)

力の入った丸ごと一冊「特集:写真家ヨシダナギが案内する、美しいアフリカ」を読みたかったからだ。

独特の色使いとアングルでアフリカの原住民たちを美しく捉えた写真にはタメ息が出る。

誰に弟子入りもせず全くの独学。自分の感性とアフリカの原住民たちへの情熱だけで撮った写真からエネルギーがほとばしり出ている。

ナギさんが知られるようになったのは今はネットから引退した強烈な個性のモデルでカメラマン。オッソロしく大胆でチャーミングなすずきえりさんのブログだ。

若い年頃の嫁入り前の日本人女性が アフリカの裸族と一緒に全裸で楽しむことの勇気 それだけでもう お腹いっぱい すごいなぁと 尊敬します(*´Д`*) (2013年12月12日付け)

これがたちまちネットで話題になった。

ぼくがナギさんに会ったのが2014年9月20日。

Pinpoint Forum「nagi yoshidaのアフリカ生存記録」を開催したのが2015年1月10日。

その後ナギさんはテレビ「クレイジージャーニー」に出演して脚光を浴びるようになった。

っで今週末のPinpoint Forumは「新本格ミステリ事始め〜新本格誕生をめぐるトーク&サイン会〜」

完売御礼です。

ってなところで、本日は店仕舞い。
また、明日。


本日のキーワード
スペクテイター

すずきえり

ヨシダナギ




イチオン(ICHION)はこちら

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7525
  翌日の日記へ▶