万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
本日のワンちゃん。
18.02.10(土)
世界中の若者を翻弄するためにビートルズが・・・(2,894歩)

起床06:25 体温36.1℃ 体重51.2Kg。

ベッドで寝しなにちびちび読んでいる本の一冊が「いのちの調律」




著者はミシガン州立大学で栄養学と電子工学の博士号、MITで量子力学の修士号を取得し、水と音、生き物と宇宙の関係を研究する栄養学&バイオ電子工学博士の増川いづみ


この本の中にも音が心身に与える影響を考える時にお約束のように語られる528ヘルツの話が出て来る。


平均律の基準として定められているA=440ヘルツはロスチャイルドの指示によりロックフェラー財団が推し進めて1939年に英国規格協会によって採用された


ところが440ヘルツという基準音は心身を不安定にする周波数なので、損傷したDNAを修復するエネルギーを持つ528ヘルツを基準音にするべきだという考え方がある。

ソルフェジオ周波数【528ヘルツ】効果とは。


このことが語られる時に必ずビートルズが引用される。


-前略-
しかしながら、ビートルズのメンバーのジョン・レノンは、440ヘルツの陰謀に気づき、ライヴでは7ヘルツ下の432ヘルツにチューニングして演奏していました。実は、ビートルズは金融グループにより意図的に作られ、彼らの曲のうちグループが解散されるまでに作曲された作品の90%近くが、心理学者と複数の音楽関係者の共同作品です。
目的は勿論、世界中の若者を音と乱れたロックのリズムで翻弄するためと、研究調査の追試験も兼ねていたのです。

「いのちの調律」増川いづみ著 きれい・ねっと刊 P-189より。


ぼくは増川さんの本を何冊か読んで水や音や響きとヒーリングの関係について彼女が語っていることにかなり納得しているんだけれどこのビートルズのくだりに関しては?????なんだ。


ビートルマニアの方はこのことをどう思うのか意見をお聞かせ願いたい。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。

本日のキーワード
・増川いづみ

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7765
  翌日の日記へ▶