万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
本日のニャンちゃん。
18.05.09(水)
オチャメなお茶目な賢治さん。(6,653歩) 

起床03:45 体温36.3℃(06:45) 37.1℃(14:00) 体重51Kg。

久しぶりに一気に、と言っても408ページの小説をベッドで寝しなに読みついで4日かかって読み終えた。


面白い〜〜。


さすが直木賞受賞作というべきかどうかは分からないけれど。


読みやすい文体でいながら濃厚な味わいのあるよく出来たお話だった。


父親政次郎の目を通した宮澤賢治物語だ。


「んだば、ひとつ詩を読むべがな。なに、難しくない。おととし死んだお前たちの伯父さんが書いたものだからな」
立ったまま最初のページをひらき、そこに貼りこんである新聞の切り抜きを朗読した。一年前に「岩手日報」夕刊が賢治一周忌に寄せて掲載したものだ。

【雨ニモマケズ】
宮澤賢治

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

孫たちは全員、つまらなそうな顔をしている。おのれを律せよ、りっぱな人間になれというような修身道徳をおしつかられたと思ったのだろう。政次郎は急いで、
「そうでない。そうでないんだじゃ。これは伯父さんが病気のとき、ふとんの上に正座して、手帳に書いたものなんだ。私はその書くところを見た。そのときは私も『病気に負けず、人間として完成したい』というような道徳な意味だと受け取ったんだが、いまはちがう。しかつめらしい話でねぇべ。伯父さんはただ、鉛筆を持って、ことばで遊んでただけなんだじゃい」
子供には、反応しやすい語である。七歳のセイ子と四歳の祐吾が、同時に、
「遊んでた?」
「おお、んだ。あるいはいっそ、いたずら書きしてた。だってそうでねぇが。雨にもまけずなんて見るからに修身じみた文ではじまって、誰も文句がつけようがない立派なおこないばかり書きつらねたと思ったら、最後のところで『私はなりたい』。な〜んだ、現実にそういう人がいるって話じゃなかったのか。ただの夢じゃないか。こっちは拍子ぬけってわけだなハ」

ほぼラストに近いこの部分好きだな〜。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


本日の見聞録
・[読了]『銀河鉄道の父』門井慶喜著(講談社)




・6月24日(日)
 小澤忠恭写真塾2018年夏の詳細はこちらです

30127701_1667735773318064_7570359456723107840_n.jpg

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7820
  翌日の日記へ▶