万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
本日のニャンちゃん。
18.08.02(木)
う〜〜残念、仲代達矢と共演しそこなってしまった・・・。 (1,665歩)

起床05:55 体温36.6℃(06:15) 体重52.4Kg。

あ!


これは!


うっそ〜。


ということは仲代達矢と同じステージに立っていたかもしれないってこと?!


仲代達矢が亡くなった夫人宮崎恭子のことを綴ったエッセイ集『遺(のこ)し書き』を読んでクリビツテンギョウ!


って、ついジャズメン言葉が口からはみ出してしまうほど驚いた。


もしあの時ぼくが怖気づいていなかったら仲代達矢と共演していたかも。


俳優座の新人仲代達矢と後の夫人宮崎恭子は1955年大手町のサンケイホールでやった俳優座こどもの劇場、マルシャーク原作『森は生きている』という舞台で初共演した。


『森は生きている』は1954年に俳優座が初演した。


ぼくはこの芝居のオーディションを受けた。


自ら率先して受けたのではなく俳優座で役者をやっていた叔父貴の仲間Kさんがぼくをだましだまし俳優座に連れて行き受けさせたのだ。


kさんは出番があるとかでいなくなりぼくは楽屋の隅に一人とり残された。


ステージに向かう廊下には大きな姿見がある。


役者たちは自分の姿を映し出してからステージに向かう。


厚化粧したオドロオドロしい老婆や血塗られた軍服姿の兵隊が鏡の前で大声を出して一芝居うつ。


現実と虚構がないまぜになったその眼前の恐ろしい光景にぼくはひとり泣きそうになった。


オーディションの結果がどうだったかは忘れたけれどぼくは絶対に舞台には立たないと拒絶した。


もしこの時舞台に立っていたら仲代達矢と同じ舞台を踏んでいたってことになったかもしれない。


ってなところで、本日は店じまい。
また明日。


本日のキーワード
・森は生きている

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7873
  翌日の日記へ▶