万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
2004年の今日の写真。
19.01.07(月)
血圧の変動に一喜一憂したりしなかったり。(0歩)  

起床07:30 体温36.6℃(09:20) 体重54.4Kg。

去年の夏頃から一日に2〜3回血圧を測っている。


朝起きた時は高い。


夏は上が150程度だったのに寒さが厳しくなってからは170〜180まで上がる。


食材の買いものや図書館通いで隣駅の平塚までゆったりしたウォーキングで約2時間半から3時間。


歩数にすると12,000歩から15,000歩。


帰宅して測ると上が120〜140に下がっている。


今朝はなんと上が183あったので朝風呂を試してみた。


今朝の血圧の変動。

上183 下93 心拍数70(09:30)

上147 下94 心拍数 76(10:00)湯上がり


たちまち上が147まで下がった。


朝方上が180くらいでも体の状態はすこぶるいい。


現在のぼくの体の不調は頻尿と頚椎、背骨、股関節の歪み。


骨格に関しては接骨医のたかはし先生のおかげでかなり改善した。


頻尿が何とかならないものかと試行錯誤中。


金子は去年救急車で運ばれ、それ以降降圧剤を飲んでいるので血圧の変動にはかなり神経質になっている。


ぼくの場合は血圧はちょっとしたことで変動するので最近ではやれ高いだ低いだとあまり気にならなくなった。


数値は参考になるけれど何よりも大事なのは体の変調に対する自覚症状。


毎日の気分を大事にしたい。


今朝はFacebookでこんなことを呟きました。

すべてにおいて負荷のかかる巨大エネルギーを利用する時代から微細なエネルギーを活用する時代へとシフトして明るい未来を築きましょう。

-独り言の諸金箱より-


ぼくのFacebookページはこちらです。

お友達申請の場合は必ずコメントをお願いいたします。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


ピタゴラスは朝起きたときと夜寝るときに決まった曲を聞いて目を覚ましたり夢を見る準備をした。

今の状態と異なる音楽を聞いて現在の状態を変えようとするものを、音楽療法的には「ピタゴラスの逆療法」と読んでいる。

アリストテレスは逆に、興奮している時には興奮した音楽によって徐々に鎮められると考え、音楽療法的には「アリストテレスのカタルシス効果」あるいは「同質の原理」と言われている。


美しい響きを心と体に浴びて頂けます。

倍音浴2019年初春
~牧野持侑 in 増上寺 VOL.23~

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7992
  翌日の日記へ▶