万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
浜辺のお地蔵様。
19.01.11(金)
またまたこんなに興奮しちゃあ寝てはいられない。(万歩計付け忘れ) 

起床05:55 体温℃(09:20) 体重54.0Kg。

昨日都内を歩き回ったせいか帰宅後ぐったり疲れて7時半にはベッドに入りちらっと読書して8時には眠ってしまった。


朝6時ちょっと前に目がスキっと覚めたので読みだしたらまたまた止まらなかったのがひろさちやの『大乗仏教の真実〜インド仏教の歴史〜』


序章の5ページ目で猛烈なカウンターパンチ。


いきなりこう書かれているんだから眠気もぶっ飛ぶ。


小乗仏教は釈迦の教えにあらず。


小乗仏教は仏教ではない。
仏教とは、大乗仏教にほかならない。


おいおいおいおい!そんなこと書いちゃあまずいんじゃないの?


ちょっと待ったぁ!と仏教研究者からの声が聞こえそう。


仏教界、仏教研究者たちからスポイルされないか?


仏教に興味のない人にはだから何なのよそれがどうしたの?


だろうけれど、


ほんのちょこっと仏教の歴史をかすった程度のぼくですら大乗仏教はあかんお釈迦様の言葉を今に伝える小乗仏教が本物だと知ったかぶっていたのに。


小乗仏教は仏教ですらないとはど〜いうことよ!


このことを詳細に説明するほどワタシ仏教のことをまだちゃんと把握していないので書きすすめることが出来ない。


ダイジェストに記すとこうなる。


明治以前の日本人は漢訳仏典で仏教を学んできた。


漢訳仏典の中心は大乗仏教。


小乗の経典類(阿含経)は釈迦が程度の低い初心者に入門的に説かれたものだと考えられていた。


ところが、


明治維新以降、西洋経由でパーリ語で書かれた南方仏教(小乗仏教から発展したテーラワーダ仏教)の経典が入ってきた。


それを文献学的に研究すれば、大乗仏教の経典よりもずっと古いものだと分かった。


そして、


パーリ語の経典こそが釈迦の説いた教えであり、大乗仏教は釈迦が説いたものではないと考えられるようになった。


大乗仏教は肩身が狭い思いをするようになった。


というワケ。


このことから始まって、

仏教とはいったい何か。

悟りを開けば仏になれるのか?

いったい仏とは何か?

500人ものブッダがいた。

仏のおしえとは何か。

小乗仏教は阿羅漢学に過ぎない。


だから、


仏教の歴史は大乗仏教に始まる!


という論点が序章に書かれてある。


この20ページの序章を読み終える頃には全身が覚醒して、


第一章 釈迦はいかなる存在か?


に突入してしまった。


付箋(ポストイットだけど)貼り貼り第一章30ページを読み終えた頃早朝散歩の時間になってしまった。


めくるめく興奮状態にさせてくれる本に出会った多幸感でいっぱいな朝だった。


閑話休題。


11月14日から続けていた白湯療法を今日でやめることにした。


朝500mlの熱いお湯を飲むのは胃腸の掃除のためにも良いけれど、ふとある疑問を今朝抱いてしまったからだ。


我が家では3年ほど前から浄・活水器天真水の水を飲み、洗濯に使い、食器の洗い物に使い、テラクイーンシャワーヘッドの水を入れたお風呂に入っている。


天真水の持つエネルギーが我が家にはピッタリ。


購入した何人かの方からの感想もとても好ましい。


水道水は民営化の問題を含め今後ますます気を付けなくてはいけないので、とても良い時期に天真水に出会えた。


っで、


地球の70%を占めるといわれている水。


実は水のことはほとんど何も解明されていない。


水ってH2Oでしょと一言では片付かれないほどミステリアス。


常温で液体、凍れば個体、沸騰すれば気体に変化するだけではなく当然それによって組成の変化がある。


天真水の水の良さはこの3年間色々な実験と経験から分かっている。


その水を白湯療法として10分間沸騰させて飲むのはいいことだろうか?


ということが今朝頭に浮かんだ。


天真水を設計したSさんにメールしたところすぐに返信メールが来た。


ちなみにSさんは某巨大化粧メーカーから発売されている「肌水」の開発者。

確かに、水は温度変化に対して組成を変えるものです。
沸騰すると気体にも変り、
当然に含まれるmineralなども消滅して行きます。
何が良くて、何が悪いなどの講義は出来ませんが・・・
自分自身が良いと感じている水が1番良いと思われます。



やっぱりね〜。


ということでまずは白湯療法を中断することにした。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


本日のキーワード
・『大乗仏教の真実〜インド仏教の歴史〜』ひろさちや著(春秋社)



・天真水


・我が家の天真水レポート。


こいつぁ〜春からぶっ飛べる!

倍音浴2019年初春
~牧野持侑 in 増上寺 VOL.23~

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7999
  翌日の日記へ▶