万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
2012年の今日の写真です。
19.01.16(水)
音が響きあうことに興味がシフトし・・・。 (12,230歩)  

起床06:50 体温36.3℃(08:05) 体重54.2Kg。

昨日の台湾式足裏マッサージ。


経絡気功整体「心花」の下川いづみさんから今日予約が入りましたと連絡があった。


昨日の万歩計日和を読んだ人らしい。


嬉しいねレスポンスが早いのは。


体調不全の方はぜひ昨日の万歩計日和をお読みいただき台湾式足裏マッサージをお試しあれ。


っで、一昨日の音楽リスナー史の続き。


ほとんど音楽離れしていたぼくは40歳を前にして突然モーツァルトに出会ってしまった。


それからほぼ20年の間モーツァルトからスタートして古楽器漬けの日々が続く。


発端はジャズ・ピアニストの山下洋輔さんだ。


1985年〜2003年:37歳〜55歳


1985年8月。


ニューヨークのRCAスタジオのラフマニノフが寄贈した巨大なベーゼンドルファーで山下洋輔さんのソロ・アルバム『センチメンタル』を録音した。



そのレコーディングを含むアメリカ道場破りの旅の面白さをぼくが百万言費やしたところで人に伝える自信がないので洋輔さん御本人の文章でお楽しみ下さい。


今や絶版となっている山下洋輔著『アメリカ乱入事始め』はこちらで

『センチメンタル』ではラベルの「ボレロ」も録音した。


当時洋輔さんはひんぱんにライブ・ハウスで「ボレロ」を演奏していたので中学生の時に音楽の授業で耳にした「ボレロ」をもう一度聞きなおすことにした。


クラシック好きの友だちから勧められたシャルル・デュトワの指揮で聞いたけれどちっとも胸がときめかない。


ものはついでということでデュトワの元女房のマルタ・アルゲリッチが演奏するラベルのピアノ曲「夜のガスパール」を聞いた。




カウンターパンチを食らった。


なんて凄い演奏だとぶっ飛んだ。


次に勧められたのがモーツァルトのピアノ・ソナタ全集とピアノ協奏曲全集。


ちなみにピアノ・ソナタはグレン・グールド、協奏曲はマレイ・ペライア&イギリス室内管弦楽楽団。




これで一気にモーツァルト病にかかってしまった。


モーツァルトをきっかけに古楽器や純正律やらに興味を持ち始めた。

クイケン兄弟、レイチェル・ボッジャー、イル・ジャルディーノ・アルモニコ、ジョス・ファン・インマゼール、ジョルディ・サバール、アンドレアス・シュタイアー、グスタフ・レオンハルト、クリストファー・ホグウッド、フランス・ブリュッヘン、アンナー・ビルスマ、ファビオ・ビオンデイ、ロジャー・ノリントンなどの演奏にどっぷりと浸かる毎日だった。















2004年〜2018年:57歳〜70歳


モーツァルトからスタートして古楽器演奏にのめり込みそれも一段落した頃、驚天動地の経験をした。


ぼくは若い頃から時折めまいに襲われる。


良性発作性頭位めまい症というもっとも一般的なめまい。


布団の中で寝返りをうった時などにぐらぐらぐらっとくる。


病院でもらう血液をサラサラにする薬を飲んでも全くめまいが止まらず一ヶ月程苦しんでいた。


そんなある日牧野持侑さんの演奏を聞き翌朝めまいが止まった。


2004年8月のことだ。


以前からポール・ウインターとかエンヤとかグレゴリアン聖歌とかブルガリアン・ボイスなどのヒーリング・ミュージックに興味があった。




ところがヒーリング・ミュージック・ブームに当て込んた各レコード会社が単なるBGMに癒やしという流行語のレッテルを貼り替えた音楽が蔓延していた。


そんな時にクリスタルボウルを体験し、倍音が人を癒やすエネルギーを持っていることを確信し倍音の世界にのめり込むことになる。




このあたりから単に音楽を楽しむことよりも音や響きの医療的効果に興味はピンポイントしていくことになる。


その結果今まで全く食わず嫌いだった民族音楽を聞くようになった。







3歳の時に聞かされていた「タイガー・ラグ」に始まり、ジャズにしろニューロックにしろモーツァルトにしろ、今まで聞いていた音楽はすべてシティ・ミュージックだ。


泥臭いネイティブのサウンドを全く受け付けなかったぼくはクリスタルボウルと出会うことで音楽から倍音や音の響きの世界に魅了されるようになった。








興味の矛先はどんどん音の根っこにピンポイントしている。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。

倍音ここに極まれり!



倍音浴2019年初春

~牧野持侑 in 増上寺 VOL.23~

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8005
  翌日の日記へ▶