万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
2009年の本日の写真です。
19.03.18(月)
この人は50年以上も前から警告していた。(0歩)  

起床04:35 体温36.2℃(09:45) 体重53.4Kg。

伊勢原のたかはし接骨院のたかはしさんに言われた。


股関節を強化するにはハイハイが一番ですから。


ハイハイか〜。


「床を乾拭きするのがいいんじゃない?」というのがnatunekoさんのアイデア。


部屋の掃除にはほうきとちり取りを使っている。

L1060621.jpg


電気掃除機はうるさいし部屋の空気は汚れるし角に溜まった綿ゴミを掃除しきれなくて不便この上ない。


その点ほうきは隅々のゴミまで掃除出来る。


その上掃除が楽しい。


物は試しと床の乾拭きを始めた。


これはいい!


デスクの下の綿埃も潜り込んで拭けるし四つん這いになっていろんな体勢をとるので股関節が広がるし終わると床がぴかぴかに光るので気持ちがいい。


これは大ヒット。


床の乾拭き面白くてやめられない。


掃除と体のメンテの一石二鳥というのが素晴らしい。


かなりヘタれたほうきを買い換える必要もないので経済的。


何から何までバンバンザイで朝の楽しみがまた一つ増えた。


たかはし先生曰く。


最近の赤ちゃんは体が出来てないうちに早く立ってしまうので骨格が弱くなるんです。


早く立たせては駄目なんです。


ビックリしたなも〜今朝読んでいた本に同じことが書いてある。

 時という情緒のでき上がり方を見よう。これは過去と現在、未来とではまるで違う。まず過去からいう。
 私の調べて知っている人の子は、生まれてだいたい十五ヶ月で歩くのである。そういうのについていう。
 このごろは生まれて八ヶ月で歩くのがいると聞いているが、そういうのについては見直さなければ何もわからない。私はすべて内面を見ていっている。だからシッカリと立つのでないと立つとはいっていない。
 ただあまり早くから壁によりかかって立ったりすると、この勇敢さは好ましくないなと思う。
 くれぐれもいっておくが、どうか不自然な人工を加えて、この何よりもたいせつな童心の季節を短縮しないようにしてほしい。
 そんなことをされるとどんな恐ろしいことが起きるかまるでわからないのである。

 岡潔集第四巻 1966年学習研究社。


先日ライブカフェ・アゲインの石川マスターが数学者の岡潔が面白いという話をしていたので何となく気になって図書館から借りて読み始めたところだ。


53年も前に岡潔はこのことを指摘していた。


ってなところで、本日は店じまい。


また、明日。


本日のキーワード
・岡潔


◎[読了]『すいません、ほぼ日の経営。』語りて:糸井重里 聞き手:川島蓉子(日経bp社)

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8053
  翌日の日記へ▶