万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
2010年の本日の写真。
19.04.06(土)
37年という短い生涯の中での貴重な4年4ヶ月を・・・。(8,262歩)  

起床4:20 体温36.6℃(12:05) 体重未計測。

扇の松海岸通りのオーガニック地場野菜売り場と平塚南図書館にリクエスト本を取りに寄ってから平塚のハクジュプラザでヘルストロン。


10時にハクジュプラザ着。


11時の回の予約をとるつもりだったのに、あら?


今朝は予約の人がほとんど並んでない。


そうか。


今日は平塚で湘南ベルマーレの試合がある。


集客人数にこんなに影響が出るなんて。


平塚ハクジュプラザはこのところ連日135人くらいがヘルストロンに座りに来ている。


今日は一体どのくらい集まるのだろう。


朝一番10時半の回を予約。


このところ花粉症気味で目の周りが痒い。


多くの人がヘルストロンで花粉症が治ったり軽減しているのにぼくには一切関係ない。


ヘルストロンで血流が良くなったことにより体のどこに影響が出るのかは人それぞれってことだ。


帰宅後マクロビオテックマガジンの連載第18回目を万歩計日和にアップしようとしたら去年の七夕のイベント「宮沢賢治変奏曲変奏曲」の記事。


大阪正食協会マクロビオティック機関誌「むすび」2019年1月号掲載分です。

海辺の街から⑱「セロ弾きのゴーシュ」とあがた森魚さん。

海辺の街から⑱.jpg


今日平塚南図書館から借りたのは『証言 宮澤賢治先生〜イーハトーブ農学校の1580日』。


A-4版530ページの本。


読みでがあって面白いけれどなかなか先に進まない。


借りるのは三度目かな。


賢治の生徒たちのこの証言集は数ある賢治研究書の中でも飛び抜けて面白い。


37年という短い生涯の中で農学校教師として過ごした4年4ヶ月は賢治本人にとってもかなり楽しい時期だったようだ。


生徒諸君に寄せる


この四ケ年がわたくしにどんなに楽しかったか


わたくしは毎日を鳥のように教室でうたってくらした


誓って云ふがわたくしはこの仕事で疲れをおぼえたことはない



(以下略)


この本人の言葉からもどれだけ楽しい日々だったかが伺える。


そして、


およそ100編にのぼる賢治の童話のほとんどがこの時期に書かれていた。


ってなところで、本日は店じまい。


また、明日。


本日のキーワード
・生徒諸君に寄せる全文 宮沢賢治


・『証言 宮澤賢治先生〜イーハトーブ農学校の1580日』

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8069
  翌日の日記へ▶