万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
撮影:小澤忠恭
19.05.04(土)
あれから3日たってご褒美を3ついただきましたことを感謝!(14,052歩)  

起床06:25 体温36.6℃(20:30) 体重54.0Kg。

本、と言っても電子書籍。


電子書籍『きっかけ屋アナーキー伝』発売開始から3日たった。


校正している段階から電子書籍の面白さにようやく気がついた。


2010年に電子書籍元年と騒がれてから9年たっても周囲で電子書籍にのめり込んでいる人はいない。


ぼくは30冊ほどKindle Paperwhiteで読んでいるけれどKindle読書は隔靴掻痒。


どこか読書の醍醐味にかける。


やっぱり駄目だよな〜本は紙じゃないと。


ずっとそう思っていた。


今回自分で電子書籍の出版に携わることによって色々面白いことに気がついたけれどなにより一番の面白さはライブ感覚ということだ。


紙本ではとても味わえないドキドキするライブ気分が電子書籍の醍醐味。


電子書籍の面白さを今日は書くつもりだったけれど昨日まで一つだったAmazonカスタマーレビューに2つ加わっていたのが嬉しいのでそちらを紹介します。


しかもみなさん五つ星。


優しいな〜。


有難うございます。


とても励みになります。


発売三日目にしてこんな嬉しいレスポンスを頂けるのが電子書籍のライブ感覚ということなんです。


『きっかけ屋アナーキー伝』のレビューです。


2019年5月1日
Amazon Customer VINEメンバー ☆☆☆☆☆
こんな面白い、酔狂でアナーキーな人がいるから「面白いもの」が生まれる。

遙か昔の十代の頃、ズドンと腹に響いたシカゴのブラス、そして、右耳から左耳へ脳内を縦断するサンタナのギター。
思い出す度に興奮するこの音楽を、作り出した一人がこの著者。その人が、四人囃子、センチメンタルシティーロマンスもやっていたとはびっくり。
そしてその後も、映画に音楽に小説と自分が好きなもの、面白いものにつっこんで行く。その姿は痛快そのもの。
ビジネスばかりが蔓延るこの世の中にも、こんな面白い、酔狂でアナーキーな人がいるから「面白いもの」が生まれるんだよなぁ。令和の時代も面白くしてください。


2019年5月2日
吉田精一 ☆☆☆☆☆
昔は、古くて新しい。

Facebookで繋がっている磯田さんが自伝を執筆中なのは、存じ上げていた。
それが、令和元年早々「自伝」を出版された。それもAmazonのKindleで。

タイトルは「きっかけ屋アナーキー伝」という。磯田さんが関わってきた時代の目撃者として、音楽や映画の話だけに面白くない訳がない。

私の大好きなセンチメンタルシティロマンスの話とか告井さんの話とか、四人囃子の話とかが書いてある。

目次を眺めると登場する人物は多岐にわたっていて、磯田人脈の凄さが分かってきます。特に、1970年代の音楽シーン、映画シーンを振り返るには絶好のテキストです。カラーの図版も嬉しいです。

あっという間に読める、音楽好きな、映画好きな方にお奨めします。

追伸。読んだ後、きっと誰かに話したくなります。


2019年5月4日
武蔵野雪中梅 VINEメンバー ☆☆☆☆☆
昭和のロックと進歩する団塊の世代。

面白くて久々に一気に読んでしまった。
特に、CBSソニー時代の洋楽ロック(シカゴ、特にサンタナのロータス!)、キティレコード時代の映画プロデュースや出版エージェントの話は本当に興味深かった。そして様々な人々との出会い。そもそも細野晴臣さんと同級生ということ自体恵まれすぎている。
とにかく一時も現状には留まらない(留まれない)人のようだ。
ソニー時代の上司に「クラブ活動じゃない」と言われたとあるが、興味が赴くままに前に進み続けるその姿は、よく言えば進化し続ける団塊の世代人(当方、団塊の世代のちょっと下)、悪く言えば永遠のクラブ活動主義者である。
こんな面白い話を今まで書かなかったのは、多分後ろを振り返るのが好きではないタイプだと思うのだが、まだまだネタを隠しているような気がする。
これに懲りずもう一冊上梓して欲しいものだ。



吉田精一さんとはセンチメンタル・シティ・ロマンスつながりで一度だけお会いしたことがありますが残るお二人は誰なんだろう。


Amazonカスタマーレビュー本当に有難うございました。


『きっかけ屋アナーキー伝』って何よという方はこちらをお読み下さい。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8095
  翌日の日記へ▶