万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
あの時君は若かった。
19.05.16(木)
Amazon.com(アメリカ)でワン・ダウンロード有難うございました。(4,100歩)  

起床06:05 体温36.1℃(18:25) 体重53.6Kg。

『きっかけ屋アナーキー伝』を読んで校正ミスをそっと教えてくれた人が何人かいた。


助かります。


何度も何度も何度も何度も読んでいるのに商品になってからミスは見つかる。


今までどこに隠れてたの?


紙本だと修正されたものが陽の目を見る(陽の目をみないこともあるけど)までに時間と労力とお金がかかる。


電子書籍は最長十数時間で修正されて世の中に出る。


書き手と読み手がキャッチボールしながら本を育ててるようなこの気分が好きだ。


紙本の出版では味わえないライブ感覚。


このフットワークの軽さが電子書籍の面白さの一つ。


5月1日に出版(ダウンロード開始)してから今日までに紙本だと七刷りということになる。


この本が完成するのはいつ頃か?(笑)


宮澤賢治の名言「永遠の未完成これ完成なり」まさに進行中。


今日のトピックはAmazon.com、つまりアメリカで一冊売れたこと。


本人から買ったぞ〜とメールがあった。


KDP(Kindleダイレクトパブリッシング)の管理ページにも表示されていた。


買ってくれたのは現在ハワイ在住のNOBUさん。


つい先日NOBUさんから亡くなったオヤジのオーディオシシステム(横浜の実家にある)とレコードやCDを処分したいのだけどどうすればいい?という相談を受けた。


ヴィンテージ・オーディオの達人K.Mさんを紹介したところ早速双方で連絡を取り合っているよう。


その時にこんなん出したよと『きっかけ屋アナーキー伝』のことを伝えた。


ちょっと読んでちょうだいよとメールしたら読んでくれて購入してくれた。


しかもプライム会員で無料で読めるにもかかわらず買ってくれた。


ありがとね。


『きっかけ屋アナーキー伝』にも書いたけれど井出情児さんとガイラちゃんとNOBUさんの三人で73年のサンタナ初来日時に16ミリでドキュメンタリー・フィルムを撮ってもらった。


『ロータスの伝説・サンタナ・ライブ・イン・ジャパン』の録音の時だ。


紛失したと言われていたそのフィルムがソニーの倉庫から出てきたのでこんなイベントも開催された。

サンタナ、発掘された幻の初来日公演ドキュメンタリー映像をファンに公開


久しぶりの再会。


情児さんのこと。


 前年のシカゴのライブ録音で味をしめたぼくは来日が決まったサンタナのライブ録音をアメリカCBSに申請した。OKの返事をもらえたのは来日の二カ月ほど前。

 1973年6月25日。サンタナはターボプロップ機、ロッキード・エレクトラをチャーターして福岡板付空港に到着した。この日のサンタナ日本上陸から帰国するまでの模様は井出情児を中心として、小水一男、阪上伸正の撮影クルーに16ミリで記録してもらった貴重な映像が今でも残っている。

 当時のカルロス・サンタナはマハヴィシュヌ・ジョン・マクラフリンを通じて導師シュリ・チンモイに師事し、スピリチュアルな世界に傾倒していた。

 来日前に発売された『キャラバンサライ』では、ウッドストック出演当時のメキシコの不良が演奏するワイルドなラテン・ロック・バンドは姿を消し、宇宙的なひろがりすら感じさせるスケールの大きなサウンドに衣替えしていた。

 初来日公演初日は6月27日九電体育館。

 会場内にはほんのりお香の香りが漂い1分間の黙祷からコンサートは始まった。

 休憩なしで約2時間半。万華鏡のように次々と変化する彼らのサウンドは壮大な音絵巻そのもの。ぼくは関係者の腕章を腕にまき、ファンが殺到しないようステージ下で警備にあたっていたが、前代未聞の圧倒的なサウンドを前にしてファンと一緒に熱狂するしかなかった。

-『きっかけ屋アナーキー伝』より-


NOBUさん、ダウンロード感謝です。


すっごく嬉しい。


オヤジさんの遺品のオーディオ・システムとレコード、CDが売れるといいね。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。

・『きっかけ屋アナーキー伝』はこんな本。
(上の紹介ページに貼ったPR用PDFも既に二度改定している。何が変わったでしょう?)


御用とお急ぎの方はこちらAmazonから。


コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8107
  翌日の日記へ▶