万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
市営諸磯住宅は絶対映画に使える!
19.08.05(月)
不動産屋の仕事は借りて頂いたら終わるんじゃなくてそこから仕事が始まるんですよ



今回の引っ越しではいくとものトラブルがあった。


まず驚くべきは5つの電気製品が故障したことだ。


冷蔵庫
全く冷えない。13年前のものなので部品がない。
販売されていた時の値段から減価償却した金額を引っ越し屋さんが保証してくれた。


ブルーレイレコーダー
電源が入らず。修理代全額を引っ越し屋さんが負担。


洗濯機
洗濯中に異音が鳴り始めた。保証期間中だったので無償修理。


タイムドメイン・アンプ
片チャンネルの音が出なくなった。販売終了している製品だがメーカーで修理可能。修理代全額を引っ越し屋さんが負担。


NAIMのアンプ
電源が入らず。大昔の輸入品にもかかわらず代理店で修理可能。全額引っ越し屋さんが負担。


冷蔵庫以外はすべて引っ越し屋さんが修理費を負担してくれたので助かった。


特にタイムドメインのアンプやNAIMのアンプは既に販売が終了している製品なのに現在でも修理可能というのが頼もしい。


お次が水問題。


まずは台所の水の勢いが弱い。


味は悪くなかったが生水を飲むと下痢が続く。


塩素試薬で調べると見事に真っ赤に変色。


残念なことに新居のおしゃれな蛇口には浄活水器「天真水」が取り付けられない。


天真水の開発者に蛇口の型番を調べて尋ねると「その蛇口にはアタッチメン(20,000円相当)を付けないとダメですよ」と言われる。


なんでも相談に乗ってくれるオーシャン不動産の勝俣さんに相談すると早速地元の水道屋さんが現れて10分ほどで両方とも解決てくれた。


「え?こんなことに修理代はいりませんよ。勝俣先輩に頼まれたことだし」


「どこから引っ越して来たんですか?ぼくは三崎町ではなく三浦海岸ですが三浦はいいところですよ、大好きです。なんでみんな出ていっちゃうんですかね?」


やっぱり郷土愛が強い。


何か困ったことが起こると不動産屋の勝俣さんに連絡すると色々手配してくれる。


「不動産屋の仕事は家を決めて終わるんじゃなくてそこから仕事が始まるんですよ」


見知らぬ土地で困っている時の勝俣さんの言葉はとても力強い。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8151
  翌日の日記へ▶