万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
散歩道の風景です。
19.09.01(日)
あの旅はまさしく闘犬の旅でしたとあの方はおっしゃってましたが・・・。



一ヶ月ちょっと前に越してきた三崎町。


まだまだ移住者若葉マーク。


旅人目線で町を眺めているにすぎないけれど絶妙のタイミングで横滑りして興味深い場所に移り住んだものだと我ながら感心している。


とは言え面白いことばかりでなく残念なこともある。


筆頭が図書館。


中学校の図書室(実際に閉鎖された中学の片隅にある)のようにこぢんまりした三浦市図書館。


いかんせん蔵書少なすぎ。


読みたい本を何冊検索しても見つかったためしがない。


っが、


今日"ジャズ"で検索したらなんと『アメリカ乱入事始め』が本館に所蔵されていた。


これはちょっぴり嬉しい。


自分がプロデュースした本が三浦市図書館に所蔵されているなんて。


人口26万人の平塚図書館に蔵書されてないのに人口4万5,000人足らずの三浦市図書館で見つかるとは。


 1980年、テキサス州ヒューストン、フロリダ州ケープカナベラル、アラバマ州ハンツビル、カリフォルニア州パサディナを取材したNASAの基地めぐりはアメリカ横断の旅だった。
 その5年後の1985年。ニューオリンズからセントルイス、カンザスシティ、シカゴ、ニューヨーク。ジャズが発生・発展した道のりを山下洋輔さんと一緒にたどるアメリカ縦断の旅が3度目の海外取材だった。
 旅の発端は名エッセイスト山下洋輔さんに語っていただこう。

という出だしで山下さんとの一ヶ月に渡ったアメリカ乱入旅のことを電子書籍『きっかけ屋アナーキー伝』に書いている。


その旅の一部始終を山下さんが綴った爆笑旅ものエッセイが『アメリカ乱入事始め』。


この部分だけ電子書籍から切り取ってアップしましたので山下洋輔さんやジャズに興味のある方はぜひこちらでご笑覧下さい。

ジャズの聖地に落とし前をつけた道場破りの旅 ~山下洋輔さん~
電子書籍『きっかけ屋アナーキー伝』よりー


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


本日のキーワード
・『アメリカ乱入事始め』




・『きっかけ屋アナーキー伝』

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8170
  翌日の日記へ▶