万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
Ladise's Barって何だろうといつも気になるお店。
19.09.14(土)
自分は演奏しないのに音の悦楽を引き出すことが出来る数少ない人だ。



毎朝起きてすぐに庭の根っこ&石掘りのあと一風呂浴びてCDを一枚聴いている。


今朝は『カルロス・クライバー ニューイヤー・コンサート1989&1992』。


ステージが観られなくて悔しい思いをしている演奏家の一人だ。


他にはジャニス・ジョプリン、ジェリー・ガルシア、エリックドルフィー、アルバート・アイラー、グレン・グールド。


大人数の演奏が苦手なので交響曲はモーツァルト以外ほとんど聴かない。


指揮者もほとんど知らない。


何十年か前にニューイヤー・コンサートでクライバーが指揮する『こうもり』序曲を偶然にテレビで観た。


クライバーがオーケーケストラから魔法のように音楽の悦楽を引き出していた。


目も耳も釘付けになった。


恐らくテレビで観たのは89年のニューイヤー・コンサートだ。


クライバーのDVDを今でも一枚だけ持っている。


カルロス・クライバーの「こうもり」と「魔弾」序曲リハーサル&本番』


100人近いオーケストラから見事な音を引き出すまでの過程が面白い。


演奏家たちを傷つけないようにしながらどのように演奏してもらいたいかを楽団員たちに伝える時のクライバーの詩人のような言葉遣いが美しい。


音楽が熟成する過程が見られる貴重なドキュメントで大事な宝物の一枚だ。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


本日のオススメDVD
・『カルロス・クライバーの「こうもり」と「魔弾」序曲リハーサル&本番』




・クライバーが引き出す音楽の悦楽を堪能していただきたい。

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8180
  翌日の日記へ▶