万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
静かなオーガニック・サウンドが生まれました。
19.10.21(月)
道具が介在していないかのようにナチュラルな響きが・・・



昨日の増上寺さんでの音香浴はとても興味深かった。


ボーカルの柚楽弥衣さんとクリスタルボウル&パーカッションの根本久子さんの相性がとてもいい。


二人ともピアニッシモを大事にする人。


牧野持侑さんの演奏はたくさんのクリスタルボウルの響きを重ね合わせてこってりしたサウンドを創り上げる。


片や根本さんの演奏は無音からゆっくりとクリスタルボウルの点的で直線的な音を導き出す。


幾重にも音を重ねるのではなくひとつひとつのクリスタルボウルから立ち昇る音たちの行方を聴かせてくれるスッキリしたサウンド。


牧野さんの演奏は擦弦楽器的で根本さんの演奏は打楽器的。


対照的で面白い。


牧野さんの響きに親しんでいる人にとっては根本さんの響きはか細く感じるだろうし根本さんの音になれている人は牧野さんの音を過剰に感じるかもしれない。


どちらがいいということではなく油絵と水彩画の違いだ。


柚楽弥衣さんのボーカルは繊細で音量も小さい。


にもかかわらずとてもよく声が通る。


クリスタルボウルと同じだ。


ボリュームを感じさせないけれどぴしっと遠くまで音が通る。


倍音がきれいに出て乱れがないからじゃないだろうか。


長時間ピアニッシモでありながらエネルギーを感じさせるボーカリストは稀有だ。


楽器演奏も同じだけれど難しいのはフォルテッシモではなくピアニッシモ。


どれだけ声が小さくても全くぶれもかすれもしない柚楽さんは凄いわ。


全編即興にもかかわらず音を探らず迷わず声をコントロールする技術は見事だ。


技(という言い方もないけれど)としては地味なんだけれどうちに秘めたパワーを持っている人でなければ出せない声だ。


二人の演奏は静かなのにエネルギーにあふれている。


急遽参加していただいたPAエンジニアの半澤公一さんの功績が大きい。


PAの存在を忘れさせるナチュラルな響きだ。


今まで増上寺さんで何年も演奏会を主催してきたけれどこれほど自然な音が聴けたことはない。


渋谷のオーチャードホールをオーディオ・ルームにしてしまったエスビヨルン・スヴェンソン・トリオのPAエンジニアのことを思い出した。


半澤さんは演奏者の紡ぎ出している音を過不足なく観客に届けてくれた。


昨日いらした方は研ぎ澄まされた快音を浴びることができて幸せだ。


めったに体験できない響きだったと思う。


(このシンプルなセットからオーガニックサウンドが生まれた)

191021.jpg


しかも大広間に漂うエッセンシャルオイルも100%天然。


オーガニックな音と香りに包まれた至福の時間でした。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


- 音と溶け合う!!-

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8210
  翌日の日記へ▶