万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
あれ?こちらの畑にいつ植えられたんだろう・・・。
19.11.30(土)
コールしたらレスポンスがあるのが嬉しい。しかもこのレスポンスは極上!(3,494歩) 起床06:00 体温35.9℃(17:45) 体重未計測



昨日万歩計日和に書いたことに対してシタール奏者のヨシダダイキチさんからFacebookで素晴らしい書き込みをいただいた。

昨日の万歩計日和はこちらでお読み下さい。


ダイキチさんの書き込みはこれです。


インドの哲学より。


あなたが知っているものは、既に終わったもの、既に完了したもの。

あなたが知っていると考えているのは昨日までの事であって、問題は、あなたが知らないものから始めて、そこから生きたらどうかということである。

精神がいかなる解答も結論も求めず、抵抗も回避もせずに静止した時、その時にのみ新生が起こりうるのです。

なぜならその時、精神は真理であるものを知ることが出来るからです。

そしてあなたを解放するのはこの真理であって、自由になろうとするあなたの努力ではないのです。


すごく力をもらえる言葉だ。


今朝のFacebookの一枚はこれでした。

『GIOVANNI MIRABASSI』
1998年、2000年録音。


191130_2.jpg

(2曲入りオマケ・ディスクです)


もともとインスト音楽が好きで歌は苦手。


演奏者の人数も少ない方がいい。


ソロ、デュオ、トリオまでが好みだ。


ある時は刺激的、ある時はユーモラスに、ある時は下品に、演奏者たちが楽器で交わす会話に耳を澄ませていたい。


演奏者の人数が増えると楽器の会話が聞き取れない。


ボーカルは苦手。


意味に邪魔されたくない。


響きに身を任せていたいから。


イタリア人ジャズ・ピアニスト、ミラヴァッシの演奏はこんな気分にもってこいだ。


「あなたと夜と音楽と」をこんな風に料理するんだ・・・。


ってなところで、本日は店じまい。
また、明日。


本日のnote
小学校4年の時に書いた映画『八十日間世界一周』感想文が送られてきたんです。
【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も 第6回】

◯フランス人がイギリス人をちゃかした小説が映画化された


本日の一曲。
・さくらさくら ジョヴァンニ・ミラバッシ




ご自身の病のことを切実に考えている方は12月5日にお話を聞きにいらして下さい。

・12月5日(木)お話し会 「天と繋がる尿療法」 by 宮野弘紀

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8244
  翌日の日記へ▶