万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
一ヶ月以上前からサンタさんが見下ろしているんです。
19.12.07(土)
転んだ怪我を治すだけではなく転ばぬ先の杖になるのが嬉しいやね。(8,207歩)

起床05:00 体温36.4℃(19:50) 体重47.8Kg。


一昨日武蔵小山のライブカフェ・アゲインでのことを書いておこう。


お話し会「天と繋がる尿療法』~尿療法歴25年の宮野弘紀さんに学ぶ尿療法の極意~


参加者5名は全員女性。


一人も参加しないかもしれないと思っていたのでこれはホントに嬉しい。


何と言ってもテーマが尿療法。


誘いの声をかけられても「先約が」とか「仕事なので」といって断るのが当然だと思う。


なのでムリに人を誘わなかった。


半年前のぼくにこのイベントのお誘いが来たら断っている。


尿療法をはじめて今日で98日目。


体と心の変化が面白くてやめられないから人を誘っているだけ。


尿療法はハードルが高い。


誰もが同じ誤解に縛られてしまっているからだ。


尿は汚い臭い不潔だと考えている。


これが医学的に間違いだということはググっただけですぐ分かる。


認識の間違いを教えられたところで「尿がどんなものかはよく分かった。けれどやっぱりぼくは出来ないな〜」と十年ほど前に宮野さんから誘われた時にぼくもことわっていたからね。


当日のアゲインには参加者5名を含めて店内には10名いた。


その中の6名が尿療法体験者。


集まった過半数が体験者というのは意外だった。


宮野さんの話は2時間以上続き最後にソロ演奏を聴かせてくれた。


最初の10年は半信半疑で自らの体で人体実験をくり返して確信を深めた宮野さん。


その後の15年は尿療法を毎日続けている。


尿療法をはじめて100日にも満たない若葉マークの初心者にとってはとても心強い体験談だった。


ぼくも尿療法に関しては深く確信しているので恐らく一生続けることになるだろう。


朝起きて歯を磨くのと同じように飲尿が習慣化している。


たちまち変化が現れるのは皮膚。


左膝にできた茶色いアザが飲みはじめて一週間ほどでほとんど肌色に戻ったのにビックリした。


その後一ヶ月もすると股関節の可動範囲が広がるとともに全身の筋肉・骨格に柔軟性がもどってきた。


そして快便が続く。


このあたりから体の変化が面白くてたまらない。


なんて反応が早いんだ。


床に落ちているゴミを腰をかがめたり膝を折って拾うことや階段の上り下り、風呂桶をまたぐ時ぎこちなかった動きが楽になったのが嬉しい。


前立腺肥大による頻尿には効果がまだまだ現れないがだんだん分かってきたことがある。


病歴の浅いものから修復されていくということだ。


膝の痣と股関節は数年前からの悩みだけど前立腺肥大は15年ほど前から始まったことなので効き目が現れるのに3年はかかるだろうと思っている。


気長に治すしかない。


老眼も同じくらい年月を踏んでいる。


宮野さんの話でとても面白かったのは100%尿療法の威力を信じているので暴飲暴食を続けても全く気にならないという。


3日間尿断食すれば治ってしまうことを何度も経験しているからだ。


尿療法で天と繋がるというのは安手のスピリチュアリティのように思われるかもしれないがとても理にかなっている。


尿療法は一気に意識が変革する。


何度も書いているけれど養老孟司さん言うところの「バカの壁」というものを知識としてはナルホドと思っていたけれど、初めて「これがバカの壁を超えることだ」と実感できたのがうれしい。


実践することにより知識が知恵に熟成した。


尿療法は30年以上前から考えている自己調律というテーマの最強のアイテムだという確信を日に日に強めている。


経費がかからず人の力を借りることもなく実践出来る尿療法はサバイバルに役立つ。


最前線に取り残された兵士が、難破して何日も漂流した船乗りが、落盤事故で生き埋めになった人々が。


尿療法に踏み切った人だけが生き残れたことは多くの文献に書かれている。


首都直下型地震のシミュレーション・ドラマが連続ドラマとなっているご時世だ。


ひとつでも多くサバイバル術を習得していても損はない。


1月に宮野さんを囲む二回目を開催することを決めた。


ってなところで、本日は店じまい。
また明日。


・本日のnote
【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も】
第13回 切なさに賞味期限はあるのだろうかという一考察その2。

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8250
  翌日の日記へ▶