万歩計日和
文/写真・mizugame
今日の写真
やっぱり継続は力なりなんですね。
19.12.13(金)
それが匍匐前進であっても一歩一歩前進してみよう。(8,393歩) 

起床04:30 体温36.7℃(19:30) 体重48.6Kg。


不特定多数の人が集まる飲み会が苦手だ。


と言うか根っから人付き合いが苦手で下手。


新年会や忘年会などにもほとんど参加することはない。


こ〜いう会だったらいいねという集まりに参加した。


会場は大岡山のグッドストック東京。


定期的に音楽鑑賞会を開催している野口淳さん主催のクリスマス会。


野口さんの友人や鑑賞会に参加したメンバー30名ほどが集まったアットホームなパーティ。


野口さんの教え子のやぎちさとさんとパートナーの佐藤圭一さんで奏でるアフガニスタン音楽ユニットちゃるぱーさをお酒のつまみにというひそやかにも贅沢なパーテイだった。

191213_2.jpg


佐藤さんが弾いているアフガニスタンの楽器が興味深いのでお話を聞かせて頂いた。


気持ちの良い時間を演出してくださった野口さんに感謝!感謝!


12月5日に武蔵小山のライブ・カフェアゲインで宮野弘紀さんの「天と繋がる尿療法」を開催したときに「え〜!そんな馬鹿なことやるんだ」と驚いた人もいただろう。


尿療法はぼくの中ではかなり本気で取り組みたいテーマに育っている。


80年代から自分の中でかかげている世界の調律は個人の調律からというテーマにぴったりの究極の自然療法だからだ。


最初に出会った自己調律法が玄米。


次が倍音。


そして極め付きが尿療法。


森羅万象バランスをとるためには三っつが必須だ。


一は独善を生む。


二は対立を生む。


三はバランスを生む。


自己調律のための三種の神器がそろった。


前回のお話し会の参加者は5名(全員女性)。


採算という面から見れば見事に失敗したことになる。


残念ながら数字はエネルギーを表すことが出来ない。


数の多さよりも大事なのはエネルギーの総和だ。


前回のお話し会は全編熱っぽく笑いの連続だった。


自分の体や病気のことを真剣に考えている人やピピっと感じた人や転ばぬ先の杖のつける人が集まってくれればいい。


とても楽しい健康管理お話し会に成長すること間違いないからね。


第一回目が終わって帰宅途中の電車の中で参加してくれたHさんから「次回はひどいアトピーに悩まされている友人と一緒に参加します」というメールをもらった。


そして今日。


ピンポイント通信を読んで参加してくれたTさんから「宮野さんの話がとても面白かったので、あれから色々と本も読んで良さそうだということが分かったので今週から尿療法始めました。次回セミナーを楽しみにしています」とメールを頂いた。


ということで1月22日(水)に2回目を開催することが決まった。

詳細はこちらで。


ってなところで本日は店じまい。
また、明日。

本日のキーワード。

・ちゃるぱーさ


・本日のnote
【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も】

第19回 85年も前に音が癒すことを知っていたこの人は何者?


コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123
     

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/8257
  翌日の日記へ▶