預言者
文・あかいししょーこ
16.10.06(木)
天命を完(まっとう)うするとは〜その2


毎日物語の中を生きているようです。


少女の頃からずっと私を支えているのは「何かに憧れる想い」です。


それは妄想や空想と言い換えてもよいかもしれません。


最近しきりに訪れてくるメッセージがあります。


(1)私たちの魂は宇宙から来た。
(2)魂には製造番号が付いている。
(3)宇宙には食べ物はない。
(4)肉体はこの地上の生物との合作。
(5)宇宙に還る個体(人間)は子供を作らない。

下は、上のメッセージに対する私の答えです。


(1)に関してはそうでなくては説明がつかないことがあまりにも多すぎますので、これはもはや定説と言っても良いと思います。


(2)地球に降りてきた魂はそれぞれの母星からモニタリングされているのですが、魂の質や精度により、地球で言う「輪廻転生」が決定する(原型が埋め込まれているので転生の決定は自分自身)。


(3)食べるという行為は地球独特のものであるようです。30年前から実践している穀物を中心とする食生活→少食という道筋の向こうに不食という道標が見えていることは意識していましたが、「食べない身体が何を楽しみとするのか」がわかりませんでした。

でもようやく理解できました。

9月23日から3日間行なった「葛湯断食」のおかげです。「食べない身体」になると宇宙との交信もスムーズになるようです。


(4)ダーウィンの進化論には飛躍が多いとの説がありますが、何かの偶発的な作用により現在のホモサピエンスを誕生となったのは紛れもない事実だと思います。偶発的な作用が宇宙からのサポートであることもまた間違いのないところでしょう。


(5)宇宙に戻る日があるとすれば、さて、そこで「魂」は何をするのでしょう。学びを終えた魂とはいったいどんな存在なのでしょう。よく言われるような「神」の視座を持つに至るのでしょうか。子供という存在は肉体を持った個体にとって「アキレス腱」であると思うのは、子を為さない今世を選んでいる私の自我ゆえ?

しかしながら文明国では「子を為さない」人が増えている傾向がありありと見えます。「子を為さない」どころか、アメリカのある調査によりますと、「結婚したくない、恋愛もしたくない」人が結婚適齢期(20~40歳代)成人の4割近くに達しているとのこと。

天命を完(まっとう)して、宇宙に還る準備をしている人が増えているのでしょうか。


他にも奇妙奇天烈なメッセージがあって、その対応を考え実践しているうちに自分の立ち位置を知る日がきました。


私は「夢想家」です。


私は「なんでまた生まれてきちゃったのだろう」と思うような子供でした。


ちょっと大きくなってから「生まれ変わり→輪廻転生」という考えがあることを知り生まれ変わらない方法を見つけ、それを(人に)知らせる。


それを自らの天命と思い定めていたのですが、こんなことを年中考えているからでしょうか。


facebookで眼を引いたブログがありました。


自分の天命を見つけたことを示す10の兆候

1.あなたが生まれてから、自分がその天命のためにずっと訓練を受けていたということに気がつく

2.不思議なことが起こり始める

3.自分の道を外れそうになると、方向性を変えさせられることになる

4.障害物がある時も、容易に乗り越えることができるようにガイドされる

5.間一髪の時に、魔法のような助言者が現れる

6.健康状態が改善される可能性が高い

7.もう少しでギブアップしそうになっていた時、お金が入り始める

8.どう考えても不安を感じるべき理由があるのに、不思議なくらい安心感を感じる

9.宇宙があなたの目の前に赤い絨毯をひろげてくれる

10.会うべき人があなたを見つけ出す


う~~む。これ、唸っちゃいます。


詳細は次回になりますが、今年の6月に私が頂いた「予言」とあまりにも似ていたからです。


葛湯断食

葛湯の作り方

[材料]
本葛(固まったタイプ)10g/水1カップ/自然塩少々

[作り方]
本葛と大さじ1の水を鍋に入れ塊をほぐし(20分ほど置くと自然に溶けます)、残りの水と自然塩を入れて火にかける(中火)。コツはたえずかき回すこと。とろみがついてきたら弱火にして2分ほど煮たら出来上がり。


断食なんて初めてでしたし、突然の思いつきでしたので、どうなることやら不安もあったのですが、わずか10グラムの葛ですのに全くと言って良いほど空腹感も飢餓感も持たずに済みました。


葛、すごいです。


昼と夜のどちらかを葛湯にして、完全不食までの助走期間のアイテムとしようと思っています。


しかしおもしろいものですね。葛湯断食と時期を同時期にやり始めた「踏み台トイレ」の効果も相乗してのことだとは思うのですが、排便の具合がとても良いのです。


その快適さは以前1年ほど飲用していた「EM酵素」摂取時の状況と良く似ています。


ということもあり、ちょうど収穫時期を迎えていたトゥルシー(ホーリーバジル)を使って酵素作りに着手してみました。


バジル2.jpg
天真水(あまみ)ウォーターで育てたトゥルシー

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




              
https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7305
  next