預言者
文・あかいししょーこ
18.10.13(土)
倍音浴物語06


金子夏枝です。

いつものように横になりMarty101で『倍音浴』を聴いていたときのことです。

意識のバイブレーションが「私が治る」という語彙を拾い上げてきて、何かを肉体に伝えようとしています。

そりゃあね、治したいところはたくさんありますよ。

1.足のしびれ
2.膝、特に左膝
3.高血圧
4.視力(両眼とも完敗です)
5.歯
6.頬のしびれ


その他いろいろ。もう~~トランプの「五十一」じゃありませんが「生命の全部とっかえ」をお願いしたいくらい、あっちこっちボロボロです。


しかしながらそれはあきまへんよね。

だって、肉体と意識と魂が寄り添ってこういう状態を形成してきたのだもの。

今がso badだとしたら、少しでもgoodな状態にして、天に戻るまではなんとかフル回転でエネルギー・チャージしていくのがせめてもの罪滅ぼしというもの。

うん、そうだそうだ、と、「私の中の存在」も言う。


でも「私が治る」って、なんなのよ!?

どこかで聞いたことがあることは確かで、あれはそう、私は読んでないけど、磯田がしきりに感心していた上野圭一さんの本のタイトルだったのではないだろうか。

___________

『わたしが治る12の力』上野圭一(学陽書房)

著者の上野圭一さんは鍼灸師で日本ホリスティック医学協会名誉顧問。

統合医療を提唱するアンドルー・ワイル博士のベストセラー『癒やす心、治す力』や『ワイル博士の医食同源』の翻訳者としても知られている。

本書は"自然治癒力を主治医にする方法"についてとても分かりやすく書かれたガイド・ブックだ。


西洋医学であれ代替医療であれすべての治療は対症療法でしかない。

症状を軽減させることは出来ても治癒は出来ない。

病気を治すことが出来るのは病人自身の自己治癒力で、治療や薬は自己治癒力を喚起させるための手段でしかない。

本書は病気を治すために潜在的に誰にでも備わっている12の力について書かれている。

「自然力」「場力」「感応力」「無意識力」「代謝力」「呼吸力」「信念力」「イメージ力」「放棄力」「絆力」「愉快力」「患者力」。


これらが滞りなく働いていれば病気が治らなかったにせよ病気と共存できる身体でいられるのではないだろうか。

text by 磯田秀人

___________


敬愛する上野圭一さんには牧野持侑さんのデビューCD『倍音浴』のブックレットに寄稿していただいています。

___________

音の海で泳浴する音響療法とクリスタルボウル。
上野圭一 (翻訳家・日本ホリスティック医学協会副会長)

波動に癒される存在

胎児は進化の記憶を夢見ながら羊水のなかでまどろみ、母親の声や心音、彼女が身をさらす環境に響きわたる音を全身に浴びて9カ月間を過ごしたのち、ようやくこの世に生まれ てくる。

ぼくたちは白紙の状態で生まれてくるわけではない。

赤子の心身にはさまざまな音の響きが、とりわけ母親の心臓のリズムが刷りこまれ、彼女の声を構成する波動の色調 に染めあげられている。

むずかる赤子に母親の心音リズムを録音したテープを聞かせると落ちついて泣きやみ、まだ目のあいていない赤子も母親の声がするほうに顔を向ける。

むずかる赤子はまた、波のようにゆるやかなリズムで揺すられると安心する。


「揺りかごから墓場まで」は社会保障制度の充実を意味する以上に、ぼくたちが本質的に、墓に入る間際まで、波のような動き、すなわち波動に同調し、波動に癒される存在であることを示唆しているようだ。
(後略)

~CD『倍音浴」のブックレットより~
*改行は金子が行いました。

___________


上野さんの本のタイトルにインスパイアされたからではないでしょうけれど、ベッドに横たわってクリスタルボウルの波動を浴びている私は、「私が治る」ための一つの方法を聞き取っていました。


ほとんどの病気の原因は便秘なのではないだろうか。

それは突然にやってきた「考え」でした。

ひらめきと言ったほうが正確かもしれません。


救急車で運ばれること5回の体験をした私は、病院の処置室で点滴をしていただきながら、どういうわけですか、便意が襲ってくることが数回あり、看護師さんの付き添いで車椅子でトイレに駆け込んだこともありますし。

大便→排泄→腸の状態→血液→血管→脳細胞


膝の具合が思わしくないときに「もしかしたらパーキンソン病なのではないか」と思い、ネット検索したところ、この患者の8割が便秘と書いてあり、えっ!とびっくりしたのですが、便秘と一口に言ってもいろいろです。

毎日ちゃんと排泄していても危険な病状を抱えていることもあるようで、実は私にも思い当たるフシがあったのですが、「倍音浴」ビームはすごいです。


どこから会得してきたのかはわかりませんが、ちょっとしたワザを伝授してくれたのです。

*続きます。

___________

本日22時までにご連絡いただきますと明日の増上寺公演に前売料金で参加することができます。

参加費は明日受付でお支払いください。
 
★メール宛先★info@pinpoint.ne.jp
★件名★増上寺公演
★本文★お名前、参加希望名(一部、二部、通し券)参加人数

ご連絡をお待ち申し上げております。

___________


最後になりましたが、本日頂いたKさんからのお便りをご紹介いたします。

___________


この頃、起床後のストレッチの時、掃除の時、就寝前のストレッチの時、等、クリスタルボールのCDをかけています。
座禅をしているかのように、精神が凪いでくるのを感じます。
3年前に、クリスタルボールに出会い、、本当に感謝しております。

___________

コメント (0)  トラックバック (0)

コメント123

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




              
https://www.pinpoint.ne.jp/cgi-bin/mtpinpoint/mt-tb.cgi/7930
  next